妊娠線を予防するには?

できてから後悔しないように、妊娠線を予防するには?

 妊娠線はおなかや胸が大きくなり、皮膚が急激に伸びるときにできやすくなります一度できてしまうと、消すことは難しいようなので、できてから後悔しないように、なるべく早めに対策を始めましょう

最も重要なのは体重管理! 食事と適度な運動を心がけましょう

 皮膚が急激に伸びるときに出始めることが多い妊娠線つわりが終わって、食欲がわいてくる時期は、食べ過ぎに注意しましょう。また、赤ちゃんが急成長する妊娠後期も注意が必要です。体が動かしにくくなりますが、急激に体重が増加しないように、適度な運動などでコントロールしましょう。ちなみに、元の体重によっても変わりますが、体重増加は8~10kgくらいを目安にするといいでしょう

乾燥に要注意! こまめな保湿でしっかり対策を

 肌が乾燥していると、皮膚の表面がしっかり伸びず、妊娠線ができやすくなってしまうそうおなかが大きくなる前から、クリームなどを塗り、毎日しっかり保湿をすることが予防につながりますおなかだけでなく、胸やおしり、太ももや二の腕に妊娠線ができることもあるので注意しましょう。また、空気が乾燥する季節には、加湿器などでお部屋の乾燥対策をするのもいいでしょう

大きいおなかを支えてくれる腹帯も効果あり

 重くなったおなかを支えてくれる腹帯皮膚が急激に伸びないよう、しっかりとサポートしてくれる効果があり、妊娠線予防にもつながるようです昔ながらのさらしタイプや、ガードルタイプ、腹巻タイプ、ベルトタイプなど、いろいろな種類のものがあります。毎日気持ちよく使えるものを選びたいですね

いくら予防をしていても、妊娠線ができてしまうこともあるようですでも、対策をしていれば、最小限にとどめることができるかもしれません。また、出産後には少しずつ目立たなくなっていくもの。やれることをやったら、あとはあまり気にしすぎず、ゆったりとした気持ちで過ごしましょう

参考 ラーニングパーク 2015.06.22

【関連する記事】