妊娠線ができやすい人の特徴

産後もっとケアをしておけばよかったと言われる方が多い妊娠線。洋服を着てしまえば見えないものの、やっぱりできてしまったら気になるものです。

しかも、一度できると消えないのが難点

そもそも“妊娠線”って、いつ頃できやすく、どんな人になりやすいのか知っていますか?

今日は、その対処方法も含めてお話します。

 

■そもそも「妊娠線」ってどういうもの?

皮膚が引っ張られることで、「皮膚の表面に亀裂が入ったように現れる赤紫色」を帯びた線のことです

皮膚は表皮、真皮、皮下組織から成り立っています。妊娠すると、赤ちゃんの成長にあわせてお腹が大きくなっていきますが、この時皮膚も一緒に伸びていきます。

皮膚には、以下の3つがあります。

・伸びやすい表皮

・伸びにくい真皮

・皮下組織

妊娠線はこの伸びにくい部分の一部に亀裂が入ることで起こります痛みはない一方、かゆみを感じる方もいるようですが、いつの間にか出来ていることが多いです

お腹周りだけでなく脂肪が厚い膝や腰、太ももにできる方もいます。また胸も妊娠すると2カップ程度UPするので乳房に妊娠線が出る方もいます

一度できた妊娠線は、少しずつ目立たなくなりますが、完全に消えることはなく白っぽく残ってしまいます

 

■「妊娠線」ができやすい時期

妊娠線は、できる方と全くできない方もいますが、それはなぜなのでしょうか?

特にできやすいのは体重が増え始める頃で、急激にお腹がではじめる妊娠後期が一番多いです

 

■妊娠線ができやすいのはどんな人?

もともと細身や小柄な方
皮膚面積が小さく、急激にお腹が大きくなるので妊娠線が出来やすいです。

皮下脂肪の多い方

表皮よりも、下の組織はもともと伸縮性がなく、脂肪の厚みでより負荷がかかりやすいのです。

双子を妊娠されている方

赤ちゃんの人数分だけお腹が大きくなるため、妊娠線が出来やすいです。

・経産婦さん

一度皮膚が伸びており、一人目よりもお腹が早く大きく膨らみやすい傾向にあります

妊娠に対する恐怖や不安が薄れ、ある程度の知識がある分、油断から食べ過ぎや運動不足の結果、体重が増えやすいのも経産婦さんの特徴

一人目で妊娠線ができてしまった方はその箇所を念入りにケアをしましょう。より一層、肌の断裂が起きやすくなっているのです。

 

■「妊娠線」を予防するには?

マッサージや保湿クリームでケアをするなどが知られていますが、下記のような基本的生活習慣も重要です。

(1)適度な運動を心がける

急激な体重増加を抑えるために、体調が良ければ軽い運動をしましょう

(2)適度な食事

バランスの良い食事は赤ちゃんの成長にとって大切なだけでなく、お母さんにも大切なこと

脂肪をつけすぎないように食事内容を考えましょう。体重が12キロ以上になると注意が必要です。

 

■おなかや下腹部の「妊娠線マッサージ手順」

おなかや下腹部にできた、妊娠線のマッサージ手順は、以下の通りです。

(1)おへそを中心に渦巻きを描くようにマッサージ(時計回り、反時計回りの両方向)

(2)左右の足の付け根部分を上下になでる
足の付け根にはリンパがあるので、ここを刺激するとむくみも解消されます

(3)下腹部から上に向かってくるくる

(4)最後に下腹部からハートを描く
尚、マッサージはお風呂上がりがオススメです。皮膚がしなやかになっているので、保湿成分の入ったクリームを塗って乾燥を防ぎましょう

お腹が大きくなると、下腹部に手が届きにくく塗りにくいので旦那さんに手伝ってもらうのもいいかもしれませんね

 

妊娠線予防のためのケアはコツコツとやるしかありません

それでも、人の身体というのは予測がつかないもので、できてしまうこともあるでしょう。

しかし、妊娠線はお腹にご自身のお子さんがいたという“痕跡”でもあるわけですから、愛おしく感じてもらうと良いと思います

 

【画像】

※ baipooh / Shutterstock

※ Ushico / PIXTA

【著者略歴】

※ 野村 佳南・・・看護師、『Roppongi Walking Club』ウォーキング講師という立場からママや子どもの病気・健康維持方法、綺麗を保つ秘訣をお伝えします。プレママ世代として産前産後の身体づくりのサポートにも携わり活躍の場を広げている。

提供元:   It Mama2016.06.11

ダウンロード (3)ダウンロード (5)

【関連する記事】