妊娠なのに腹筋が割れている!

広末涼子(34歳)や上戸彩(29歳)、国仲涼子(35歳)などなど、日本の芸能界ではアラサー女優たちの妊娠がメディアを賑わせていますが、海外の方でも、あるアラサーモデルの妊娠がさまざまなメディアで話題になっています

それは、彼女の妊婦姿が、ふつうの妊婦のものとあまりにもかけ離れていたから

妊娠9カ月の彼女と、妊娠10カ月の友達がビキニ姿で並んで歩いているこの写真を見れば一目瞭然ですよね。お腹の大きさの違いもスゴいですが、腹筋が割れてるのが驚異的です。

彼女の名は、サラ・ステージ(30歳)。アメリカはロサンゼルスを拠点に下着モデルとして活躍しています豊満な胸とアスリートのように引き締まった身体をもつ彼女は、職業柄、もともとInstagramで自身の仕事で撮影した写真などを投稿していましたが、妊娠が発覚してからは、変化していく自分の身体の記録として日々その腹部を中心とした自撮りした写真をアップしていました

 130万人以上のフォロアーが、彼女の完璧な体型が妊娠でどう変化していくのかInstagram越しに見守る中、一向に変化を見せないお腹ようやく変化が見えはじめてきたのが、妊娠7カ月になった頃。とはいえ、割れて引っ込んでいたお腹が、ふつの痩せている人のお腹に近づいてきただけまさに奇跡の妊婦

しかし、この奇跡を起こしているのは天の力ではなく、彼女自身の努力。なんと、産む直前までジムでトレーニングに励んでいたのです。妊娠後期になってもダンベルを持ち上げる彼女の姿に、「なぜそこまでするのか」「赤ちゃんに障るからやめた方がいい」「体型を気にするよりも赤ちゃんに栄養を与えるべき」といった心配や非難の声が

そんな声をもろともせず、投稿を続けるサラ。臨月になっても運動を欠かさず、妊婦とは思えないような大胆でセクシーなドレスも着こなす彼女に、「赤ちゃんはどこにいるの? 確実に彼女のお腹の中ではない」「きゅうりを産もうとしてるんじゃない?」といった心無い声と共に、支持する声も増えていきました特に、同性である女性たちからは、「すごくきれい。憧れる」「妊婦でもこれだけセクシーになれるんだ!」と、従来の妊婦像を覆す彼女に賞賛のコメントが寄せられるように

そして、今月の16日、いまや170万人に増えたInstagramのフォロワーたちが注目する中、無事、健康な男の子を出産心配された赤ちゃんのサイズは、蓋を開けてみれば約3800gと、きゅうりどころか、平均より大きかったのです

出産について報道した、アメリカのABCニュースの医療記者であり婦人科・産科医でもあるジェニファー・アシュトンも、番組で次のようにコメントしていました。

細く見えるからといって、赤ちゃんの成長が妨げられているとは限りません彼女の子宮の大きさや赤ちゃんの大きさ、そして体重の増加の度合いが適切であれば、医学的には問題ありません

そして赤ちゃんを産んでから4日後、自身の下着姿の写真を公開したサラ腹筋がガッツリ割れたお腹を見せながら、「結局、以前から約13kg増えたけど、5週間以内には筋トレを再開するわ。楽しみ!」とコメントを添えた彼女に、全米が「必要ないだろ」とツッコんだことでしょう。

先ほどのアシュトン先生曰く、サラのように鍛えていれば、産後に体型が戻るのも早いとのこと産休で自由な時間ができると趣味や習い事を始める人が多いようですが、身体に負担のない範囲でジムに通うのもいいかもしれませんね

上戸さん、産休に入ったらHIROさんと一緒にエアロバイクを漕いでみては?

参考 女子SPA!?  2015.04.25

【関連する記事】