女性の91%→なにかが足りない

キリン・トロピカーナは、「生活における不満足度」に関する調査結果を発表した。同調査は2014年12月10日~16日、全国の20~50代の女性250名を対象にインターネットで実施したもの。

「現在の生活に満足しているか」を聞いたところ、「満足している」と回答した人は9%にとどまった女性の9割は「現在の生活に何か足りないものがある」と感じていることがわかった

そこで、「自身の生活の満足度」を100点満点で採点してもらったところ、女性たちの回答の平均値は「66.4点」となった。60点以下とした人は36%だったのに対し、90点以上とした人は17%にとどまった。世代別に見ると、最も満足度が低かったのは40代で、「59.8点」という結果となった

生活の中で足りていないと思う時間は何か」を聞いたところ、「旅行に行く時間」(64%)「身体を動かす時間」(59%)「整体やエステなど、身体のケアをする時間」(58%)が上位にあがった

さらに「それぞれの欲しい時間について、何らかの努力を行っているか」を聞いたところ、「行いたいと思っているが、なかなか実現できていない」との回答が約7~9割にのぼった

生活への満足度が最も低かった40代に具体的な意見を聞くと、「家事と子どもの送迎に振り回されている(44歳・福島県)」、「仕事が中心で、仕事のないときが休む時間。その次が家事で、趣味や余暇の時間はほとんど無い(48歳・千葉県)」など、「家事」「子ども」「仕事」などに追われ、自分のための時間が取れていないという回答が多く見られた

そこで、「自身の充電期間を十分に過ごすために必要なもの」を複数回答で聞いたところ、「時間」(60%)「お金」(57%)「心の余裕」(43%)が上位を占めた

世代別に比較すると、40代は他の世代よりも「お金」(69%)が多い結果に。一方で40代は「心の余裕」(46%)や「愛情」(12%)などの心のケアについても、他の世代より切実に必要としていることがわかった

また40代以外では、20代は「時間」(69%)、30代は40代と同じ「お金」(55%)50代は「体力」(45%)が他の世代よりも高い結果となった。

参考 マイナビニュース 2015.01.17

【関連する記事】