女性の口紅は、なぜ赤いのか?

Q 女の口紅はなぜ、赤いのか?
(a)自分自身を元気づけるから (b)男性ウケがよいから
———-

■次第に赤みを増し、大きく膨らむ

チンパンジーのメスのお尻には、性皮と呼ばれる部分ある。人間の女の大陰唇に相当する

この性皮が35日間の月経周期のうちの約10日間続く発情期間に、次第に赤みを増し、大きく膨らんでいく最終日が最も赤く、大きく、排卵が起きると、たちまち萎み、色も失われてしまう

チンパンジーのオスはこの、赤く膨らんだ性皮に興奮するが、それもそのはずメスの性皮が赤く、膨らんでいるときには妊娠しやすい。メスはその情報をきちんと伝えているわけだ

そこで『裸のサル』で名高い、イギリスの動物学者、デズモンド・モリスはこの現象に注目した。人間の女が赤い口紅をつけるのは、チンパンジーのメスのお尻の信号を体の前に移したのだ人間は直立したことで生殖器が隠れ、体の前面に性的な信号が必要となった。そこで口紅という人工のものを塗ることにした

この考えはおおむね正しいのだが、もう少し丁寧に説明するなら、こんな具合になるだろう。

そもそも人間の女は、チンパンジーとは違い、妊娠しやすい時期であることを大々的にアピールしない排卵期や排卵日は、本人にすらなかなかはっきりとはわからないものである

とはいえ、人間の女の場合にも、よくよく観察すれば、その女が排卵期にあることの手がかりがある肌の色が明るくなること、性的な関心がより高まり、性的に興奮しやすくなること、である「性的に興奮する」だが、胸や首、顔などが赤らみ、やや膨らむことである。また、見えないところにも変化があって、小陰唇が赤らみ、膨らむ

実を言うと、こういうふうに見え方には大差があるものの、チンパンジーのメスも人間の女も、妊娠しやすい時期の体の変化については同じような仕組みによっているどちらの場合にも、女性ホルモンの代表格である、エストロゲンのレべルが上昇。それによって皮膚の下の血流が増すことによるのだ。血流が増すと、柔らかく、皮膚の色がよくわかる部分が、赤みを帯びるし、膨らむというわけなのだ

 こうしてみると、女は排卵期にわずかながら唇の赤みが増し、膨らんでいるはずだし、性的に興奮したときにも同様の状態になるはずだ。

そのようなわけで、女が赤い口紅をつけることの意味。それは、排卵期にあること、そして性的に興奮しているという、2つの状態をまねることではないか、と考えられているのである。口紅の色には極めて性的なメッセージが込められているのだ

すると次に考えられるのは、赤こそが重要であり、赤または赤に近い色以外の色では、妊娠のしやすさや、性的な興奮の信号とはなりえないのではないか、ということである

このあたりについて研究したのが、アメリカのニューヨーク州、ロチェスター大学のA・J・エリオットらだ。

そこそこ魅力的な、ある女子学生の白黒写真を撮り、加工技術によって写真の周りを赤、白、グレー、緑のいずれかの色で囲い、プリントアウトするそうして赤と白、赤とグレー、赤と緑の組み合わせで男子学生に評価させるするとどの組み合わせでも、赤のときのほうがより魅力的で、性的な欲望もより感ずるとの評価だった

赤の持つ力はこれほどまでに強力だ。ほとんどの口紅が赤系なのも頷ける

———-
エッセイスト、動物行動学研究家 竹内久美子(たけうち・くみこ)
1979年、京都大学理学部卒。同大学大学院博士課程にて動物行動学を専攻。91年『そんなバカな! ─遺伝子と神について─』で第8回講談社出版文化賞「科学出版賞」受賞。『男と女の進化論 すべては勘違いから始まった』『遺伝子が解く!  女の唇のひみつ』など著書多数。
———-

エッセイスト、動物行動学研究家 竹内久美子 写真=時事通信フォト

プレジデント2016.04.28

  images-3-48-150x150images

【関連する記事】