女性に一番多い大腸がん

現在の日本の死因の第1位は“がん”ですが、中でも大腸がんの死亡者数は、ここ数年とても増えてきています
大腸がんは早期発見、早期治療が大変有効ながんです

◆大腸がんはどんな病気?
大腸とは、盲腸から肛門までのおよそ1.5~2mの管状の臓器で小腸までの間で吸収されなかった水分を吸収し、便を作って体の外へ出す、という働きがありますここに“がん”が出来た状態を大腸がんといい、日本では肺がんとともに患者数が急増しています
特に女性に限っては死因の第1位になっています毎年、およそ10万人が発症しているといわれています。大腸がんには“結腸がん”と“直腸がん”がありますが、近年女性の中で急増しているのが“結腸がん”です。この理由はまだ分かっていません。
大腸がんになっても早期に発見されれば、ほぼ100%治るといわれています

◆大腸がんになりやすい人は?
大腸がんの発生要因としてまず挙げられるのは、食生活の欧米化です。日本人は元々、米と野菜や魚を中心とした食生活でした。ところが近代化が進むにつれて、欧米の食生活、例えば肉類や脂肪分の高い食事が増え、逆に食物繊維などが豊富な野菜の食事量が減る、という食文化に傾いてきました。これは大腸がんだけではなく、生活習慣病の要因そのものですよね。
また大腸がんに関わらず、“がん”は加齢とともにそのリスクが高くなる傾向がありますが、日本における大腸がんの患者さんは、60歳代から急増します。この他の発生要因には、喫煙、遺伝的要因、運動不足などいくつかの説があり、現在はまだ研究段階のようです。

◆大腸がんの症状
代表的な症状として、血便(下血)、腹痛、便が細くなる、便通障害(便秘や下痢など)などが見られます。しかし大腸がんは出来ている部位によっては、この自覚症状がなかなか現れず、気付いた時にはかなり進行していることも多いのです
これは大腸の形状と機能によります。例えば肛門に近いところに“がん”が出来た場合、血便や便が細くなる感じにも気付きやすいでしょう。ところが小腸との境目に近い部分では、便自体がまだ液体状であるため、例えば血便が出てても便の中に紛れてしまって気づかなかったり、便として身体の外へ出るまでにはまだ距離がありますから、普通の便の太さになってしまい、自覚症状としては確認できません
しかも近年では、この小腸との境目に近い“上行結腸”と呼ばれる部分にできるがんが急増しているといわれています。

◆大腸がんの調べ方
大腸がんの検査には色々ありますが、まずは問診・触診・便潜血検査(便の中に血液が混じっているかを調べる検査)が行われます。これはまだ何も自覚症状が無い状態でも行うことが可能で、特に便潜血検査はいわゆる健診の検査項目の1つでもあります。ここで便の中に出血がある場合、より詳しく調べるために行われるのが、大腸内視鏡検査と、注腸造影検査です。
大腸内視鏡検査とは肛門から専用の細長いカメラを挿入し、大腸の中を直接確認し、肉眼で分かる変化(異常)があるかを検査します。胃カメラが大腸カメラになったと考えれば良いでしょう。注腸造影検査では肛門からバリウムと空気を注入してX線撮影を行い、直腸から盲腸(小腸との境目)までくまなく調べることが出来ます
このほかにも、血液検査・CTやMRIによる検査・エコー検査・PET検査なども必要に応じて行われます

◆大腸がんの治療方法
大腸がんの治療には、手術療法、薬物療法(抗がん剤治療)、放射線治療などがありますごく早期で小さなものであれば、内視鏡検査の中で切除することもあります。ある程度大きくてもまだあまり進行していない場合は、手術療法が行われることもあります。大腸がんが肛門近くに出来ている場合は、手術をすると肛門が機能しなくなるため、人工肛門(お腹の表面に腸管の出口が出来ている状態)になることもあります。
また手術の補助療法として、放射線治療が行われることがあります。最近ではさらに抗がん剤治療も併せて行い、手術前に“がん”を小さくして身体への負担を減らしたり、他の臓器への転移による痛みの軽減などを図ることもあります

参考  Mocosuku編集部 2014.12.09

【関連する記事】