大豆の総需要量は470万トン

今日の大豆の総需要量は約470万トン、うち製油用か約340万トン、食品用が約100万トン

食品用のなかで、最も多いのが豆腐・油揚げ用で約50万トン、大豆加工食品の代表各である。

味噌と納豆は139万トンでほぼ等量。あとは、醤油3.7万トン、凍り豆腐・豆乳とつづきます。

とくに、1980年代以降は製油用80%、食品用20%と需要構造が安定してきました。

参考

(脱)安売り競争 食品企業の戦略転換

著者 澤 千恵

発刊 社団法人農山漁村文化協会

【関連する記事】