大腿部骨折→2つのタイプ

お笑い芸人の坂田利夫さんが6月16日午前中、入院していた大阪市内の病院を退院しました。坂田さんは4月末に右大腿部骨折のために入院していましたが、無事手術も成功し、今回の退院にこぎつけました

これからは自宅で引継ぎリハビリを行い皆さまに元気な姿を見てもらえるように頑張ります。ありがとさ~ん!」と坂田さんは陽気なコメントを残していますが、自宅でのリハビリへの意気込みは真剣なものだったのではないでしょうか

大腿部骨折は手術が成功したら終わりというものではありません。術後もリハビリを継続する必要があり、半年~1年後に元通りの歩行能力を取り戻せるのは50%程度にとどまります。ここでは高齢者が転倒した際に生じやすい大腿骨頸部骨折と大腿骨転子部骨折について見ていきましょう。

骨折しやすい部位
大腿部で特に骨折しやすいのが脚の付け根の部分です。脚の付け根をさらに細かく見ていくと、大腿骨の一番上に位置する骨頭(こっとう)とよばれる球状の骨があります。骨頭のすぐ下(頸部)は細く、折れやすい部位です。頸部からさらに下にいくと太く出っ張った転子部(てんしぶ)がありますが、こちらも折れやすい部位となっています頸部の骨折を大腿骨頸部骨折、転子部の骨折を大腿骨転子部骨折といいます

治療が難しいのは大腿骨頸部骨折
ともに脚の付け根の骨折で、骨粗鬆症(こつそしょうしょう)の治療を併用する点は共通していますが、大腿骨頸部骨折(内側骨折ともいいます)と大腿骨転子部骨折(外側型ともいいます)とでは治療の困難さが異なります

関節包の外側にある転子部には骨の癒合を助ける外骨膜がありますが、内側の大腿骨頸部にはそれがありません。そのため大腿骨頸部は折れた骨が非常に癒合しにくい部位となっています

加えて、大腿骨頸部に栄養を送る血管は細く、骨折時の損傷で血流が途絶え、骨頭部分が壊死してしまうことがあります対する転子部は、周りを筋肉組織に囲まれ、血流も良好です。折れた骨が癒合しやすく、壊死も起きにくいのです

手術方法の違い
骨が癒合しやすい大腿骨転子部骨折では、骨折部を元の形状に近づけてから医療用のネジやプレート(板)、ネイル(釘)を用いて固定する手術を行います

一方、大腿骨頸部骨折で固定による手術を行った場合、骨が十分に癒合しなかったり、壊死が起きるなどのリスクをともないます。そのため、骨折した頸部から骨頭までを切除して人工物に置き換える「人工骨頭置換術」が広く行われています。一般的に骨折部のずれが小さいときは固定による手術、ずれが大きいときは人工骨頭置換術が選択されます

手術後は整形外科医、理学療法士、看護師が連携してリハビリを支援します手術翌日からベッド上での坐位訓練を開始し、車いす、立位保持、平行棒内での歩行訓練、歩行器を用いた歩行訓練、松葉杖による歩行訓練、T字型の杖を用いた歩行訓練というように、段階を追って進めていきますリハビリにおいては「してもらう」意識ではなく、「自ら行う」意識が回復スピードを左右するといわれています。大腿部骨折を克服し、機能回復を果たすにはリハビリに対する本人の努力と家族の励ましが大きな力になります

★★骨粗鬆症の原因ともいわれますカルシウム不足には、バランスのとれた吸収率の高いカルシウム・マグネシウム・カリウムなどのミネラルが必要です。

この重要なミネラルは、沖縄与那国島産天然化石サンゴミネラル「ドナン・DONAN」にバランスよく豊富に含まれております

特にカルシウムは「ドナン」1㌘に390mgと牛乳2本分を含んででおります

また、高血圧・糖尿病・などを予防するにも極めて効果的です。 (無理せず長ーく続けて下さい)

ドナンは琉球大学の試験により、飲めば骨がしなやかになるとのことです。

骨折してからは遅いです。→はやめに飲んで骨を丈夫にしてください。

 

donan

参考 Mocosuku編集部 2015.06.18

【関連する記事】