大干ばつの韓国→海水を真水にもできない

韓国・KBSテレビによると、120年ぶりとも言われる干ばつが深刻となっている韓国で、数千億ウォンを投じて建設された農業用水供給施設が15年間一度も使われていないことが分かった

韓国農漁村公社は忠南地域の農地への農業用水供給のため、2001年に4300億ウォン(約470億円)を投じ、供給施設を建設した洪城地域の防潮堤から約10キロの水路をつないで造ったものだが、完成して以来、一度も使われていない完成当初は上流から流れ込む畜産排水が原因で農業用水を供給できず、公社は汚染された水を海に流し、湿地を造成して水質浄化を図っていた

しかし最近になって、今度は防潮堤の水門から流れ込む海水の問題が出て来た昨年から水をため始めたが、塩分濃度が高く、大干ばつに見舞われた今年も農業用水としては使えない状態が続いている。公社のキム・ドッキュ次長は「淡水化に向け努力していく」とし、「来年の農繁期からは部分的に用水の供給を始めたい」と述べた。

これについて、韓国のネットユーザーからはさまざまなコメントが寄せられている。

公共施設を造るときは、必ず責任部署と責任者を書きとどめておくべきだ
こういうのは、誰が責任を取るの?
15年も前だったら、当時関係した公務員は退職して年金をもらい、悠々自適だろうな
「国がやることなんて、全部こうだ」

「使おうと思って造ったことくらい、みんな分かっていたただろうに」
「韓国はこんなもの。15年前も今も変わらない」
「健康保険料ばかり上げずに税金をきちんと活用しろ」
「懸命に勉強して公務員になった人たちが、このくらいの予想もできずに設計したのか?」

「こんな状態だとしたら、農漁村公社は職務放棄では?
「李明博(イ・ミョンバク)前大統領の朝鮮半島大運河事業と比べたら、4300億ウォンはスズメの涙」
この国は15年前から腐っていたんだ。15年後の今も変わらず、これから15年たっても腐っているだろう

参考 Record China 2015.06.30

 

【関連する記事】