大学中退しやすい学生とその後

大学進学率が50%を超えた今、大学生の退学率は8.1%

中退した学生たちの「その後」は厳しい。大学(高等教育)を中退した後、正社員となる若者はわずか7.5%アルバイトや契約社員などの非正規雇用が7割を占め6人に1人は無職だ。

どの偏差値帯の大学でも、入学時点で3~6%の学生が「退学意向とてもあり」と答えており、偏差値と退学意向に強い相関があるとはいえないようだ

学部系統別では、「社会科学」の学生で特に退学意向が高い

不本意に別の学部へ入学した学生ほど退学意向が強まる傾向があると判明した。

よく問題視される推薦・AO入試での合格者は、入学時点で志望動機や学びたいことが明確な学生が多く、退学意向は低かった

参考 Economic News 2014.05.25

【関連する記事】