大型バス→爆売れ

観光バスなどの大型バスが“爆売れ”している。三菱ふそうトラック・バスは6月時点で前年の約2倍の受注があり、いま注文しても納車は約1年後日野自動車4~6月は前年の1.6倍を売り上げた円安による訪日外国人の増加や東京五輪開催を受け、バス事業者が新車の購入に踏み切っている。ラインの増設など国内生産にもプラスの影響をもたらしている。

 JR富山駅から車で約20分、富山市の三菱ふそう子会社のバス工場。職人がバスの天井や側面を溶接していく。大型は車両が大きく、顧客ごとに仕様が異なるため、手作業が欠かせないフル稼働の状態だが、1日に生産できるのは5、6台だ同社の大型バスの1~6月の受注は前年同期比90%増で、いま注文しても納車は来年6月ごろ。今年の販売台数は前年比2割増の1420台程度を見込んでおり、橋口博光バス事業本部長は「インバウンドの需要で観光向けが多い。車が足りない」と打ち明ける

 円安で小型バスの輸出も伸びており、工場では8月にラインの一部を増設大型と小型を効率良く生産できるようにする。来春入社する社員の採用も例年の5割増の30人に増やした。一方、日野自動車も今年4~6月の大型バスの販売は前年同期比62%増の266台で、特に観光向けが多いいすゞ自動車との合弁会社で生産しているが、能力増強を検討中だ。

 今年上期の訪日外国人客数は前年同期比46.0%増の913万9900人で過去最高だった時間や経済的に余裕のある中高年の国内旅行も増えており、観光需要は活発だ。高速バスの死亡事故を受け、国が価格競争による過酷な勤務や安全軽視を防ぐため、料金改定を行った影響も大きい。事業者は一定の範囲内で運賃を設定し、利益が見込めるため、中古車ではなく、自動ブレーキや居眠り検知など安全装備を搭載した新車への買い替えに乗り出している

 好調な販売は生産にも波及している。日本自動車工業会によると、5月の大型バスの生産は48.8%増の848台で、6カ月連続のプラスとなった中国人観光客は大型のスーツケースや大量のお土産を持ち込むことが多く、三菱ふそうが開発中の新型バスは安全装備に加え、荷物室も広げる計画だ。橋口本部長は「五輪が近づけば代替も進むだろう。2019年ごろまで高止まりが続くのではないか」と話す。

参考 Sankei Biz  2015.07.28

【関連する記事】