大卒者→32%が3年以内に離職

 厚生労働省は30日、2012年3月に大学を卒業した就労者の離職状況調査を公表した。新卒から3年以内に就職先を辞めた人の割合(離職率)は32.3%だった。前年調査から0.1ポイント低下したが、3年連続で30%を超えた
3年以内の離職率は、リーマン・ショック後の09年に30%を下回ったが、その後、上昇した景気回復で求人が増加する中、希望の仕事を求め、転職するケースが増えているためとみられる
離職時期は、1年目が13.1%と最も高く、2年目が10.3%、3年目が8.9%。企業規模別では、5人未満の企業で59.6%が3年以内に離職するのに対し、1000人以上の企業は22.8%にとどまる

企業規模が大きいほど離職率は低い傾向だ

参考 時事通信 2015.10.30

【関連する記事】