夜間頻尿→4500万人が悩む

「夜間頻尿」は下部尿路症状(排尿や蓄尿にまつわる症状)の中で最も多く、40歳以上の男女4500万人が悩んでる

夜中に1回以上オシッコで起きるなら、夜間頻尿だ
昼と夜合わせて1日8回以上の排尿が頻尿になります昼だけなら、6~7回より多ければ頻尿です

まず、夜に尿が作られるのを抑える抗利尿ホルモンの分泌が加齢によって悪くなること。次に腎機能の低下で、1日あたりに作られる原尿(尿のもと)の99%が本来は体内に再吸収されるのに、それがスムーズに行われず、薄い尿がたくさん出るようになる

「抑うつ状態や不眠症で眠りの質が悪いため、軽い尿意でも目が覚めてトイレに行きたくなるケースがあります。睡眠を専門に診る心療内科や精神科で、睡眠の質を上げる治療が必要になります。また、最近増えているのは、睡眠時無呼吸症候群(SAS)による夜間頻尿です」

血糖値が高いと浸透圧の関係から細胞の水分は血液中に取り込まれ、一方で尿細管では再吸収が行われていません。すると、細胞の水分がどんどん体外に排出され、体は脱水症状になります

参考 日刊ゲンダイ 2014.05.14

 

【関連する記事】