外国人旅行者が多いランキング→1位香港

CNN) 英市場調査会社ユーロモニターは28日、外国からの旅行者が多い都市トップ100を発表した

1位は香港で、2014年の1年間に外国から訪れた旅行者の数は2777万人その多くが中国本土からの旅行者で、5年連続首位の座を支えている

2位はロンドンで、香港より約1000万人少ない1738万人。2009年を最後に首位から離れている。

3位は僅差でシンガポール1709万人)だった。

ユーロモニターは「中核的な」57の国々から、国家統計や空港・ホテルなど観光業界のデータを集めてこのリストを作成した。地政学的な緊張や宣伝の成功が、旅行先の選択に大きく関わっているという。

全般的には観光業は好調で、一部を除けば各都市を訪れる旅行者数も増えている。一方で、上位の都市であっても今後の動向次第では興味深い変化に見舞われるとユーロモニターは分析する。

例えば香港の場合、中国本土の人々がさらに豊かになり、もっと遠くの国々に行くようになれば観光業は大きな支えを失いかねない

またロンドンは滞在費がかさむことで悪名高く、周辺の空港は収容人員いっぱいに近い状態だ。これでは他の欧州の都市に旅行客を奪われかねない

シンガポールは自然の見どころが少ない」うえに、観光地というよりはビジネス街のイメージが強いタイのような滞在費の安いライバルとの競争が今後、厳しくなっていく可能性もある

今後の動きが注目されるのが、現在9位のイスタンブールだ。旅行者数は前年比13.2%増と急成長しているが、その一方で過激派組織「イラク・シリア・イスラム国(ISIS)」の脅威が今後、マイナス要因として働く可能性もあるという

東京は25位(599万人)だった。

 2016.01.29

images-3-48-150x150images

【関連する記事】