夏バテに効果抜群!→飲み物

なんか疲れやすいな、食欲でないな……」といった症状になる夏バテ

高温多湿な日本の夏に体がなんとか対応しようと頑張ったけれど、対応しきれなかった結果、体の不調が起こりますこれが、夏特有の不調である夏バテですとくに気温が30度以上の日は、熱中症にもなりやすいので夏の過ごし方が大切になります

そこで今回は、ハーブセラピストの筆者が、“夏バテの原因と対策としておすすめのハーブティー”をご紹介します。

■夏バテの原因って?

人の体は高温多湿の環境におかれると、体温を一定に保とうとしてエネルギーを消費します。それが何もしなくても体に負担をかけている原因ですこの負担が続くと、暑さに対応できなくなり、胃腸の不調や自律神経の不調が起こります

この自律神経の不調で、夏の食欲不振や頭痛が起こるのです。

また、夏は四季のなかでも一番汗をかく時期なので、水分不足にもなります。「汗をかいていないから大丈夫」って思っていても自然と蒸発しているので、水分補給はしっかりしていきましょうね

■胃調の強化で夏バテ対策を!

外が暑くて、体温が高くなると、胃腸への血流が少なくなります。また、汗をかくため、塩分不足で胃酸が減少。夏に水分補給と塩分を摂れといわれるのは、これが理由ですね

暑いからと冷たいビールや飲み物をがぶ飲みしていると、胃を壊して翌日下痢を引き起こし、体がダルくなるのは、自律神経と胃腸の働きが弱くなっているからです

胃腸の働きが弱くなると、体力が落ち、疲れやすくなります

■胃調と自律神経に効くハーブティー

夏バテ対策には、ビタミンB1・B2が豊富な、豚しゃぶやレバニラ炒め、梅干しのクエン酸がいい、といわれていますが、料理をするのも大変だったりしますよね

そんなときは、飲むだけで夏バテ対策ができるハーブティーがおすすめです。夏バテ対策におすすめなのは、ハイビスカスとローズヒップ、マテ、ペパーミント、ジャーマンカモミールなどが有効です。

1種類だけでもよいですが、ブレンドするとハーブの有効成分が相乗効果で摂れるのでおすすめですよ。

・ハイビスカスとローズヒップとマテのブレンド(1:1:1)

・ペパーミントとジャーマンカモミールのブレンド(2:1)

いかがでしたでしょうか? クエン酸とビタミンCが豊富なハーブティーを毎日少しずつ飲み続ければ、胃腸機能の強化、疲労回復、自律神経の回復になり、夏バテ対策には効果的です。ぜひ試してみてくださいね。

参考 ネタりか 2015.07.17

【関連する記事】