地震で損壊の建物→10棟突破

 熊本地震で損壊した建物が24日、熊本、大分両県で10万棟を超え計10万2264棟となった。

内訳は、熊本県が9万9729棟大分県が2535棟。市町村別で最も多いのは熊本市の5万6718棟で、震度7を2度観測した熊本県益城(ましき)町は1万5071棟に上った

読売新聞2016.05.25

 images-3-48-150x150images

【関連する記事】