地方創生で→ドローン再発見

地域を盛り上げる、ドローン

ドローンと地方創生? なかなか結び付きにくいふたつの言葉で、ピンとこない人も多いのではないか。しかし、いま日本各地でドローンを飛ばして、地域を盛り上げようと立ち上がった人たちがいるのだ。ドローンを使った地方創生に可能性を見い出しているのが、WEBコンサルティングを専門に行なう「クリエイティブホープ」の代表取締役会長である大前創希さん。そもそも、なぜドローンと地方創生を結びつけたのだろうか。

広島県竹原市での撮影風景。安定した飛行で、動画も写真も撮影可能だ

「もともとは、純粋に個人的な趣味として仲間たちとドローンを飛ばし、それを使って空撮を楽しんでいました。そのうち自然と技能が上がっていき、いろいろな場所で情報発信をしていたところ、『ドローンを使ってこういうことができないか』と地方の方たちから相談を受けるようになったんです」と語る。

「百聞は一見に如かず」ということで、大前さんは実際に福岡県東峰村、広島県竹原市、静岡県熱海市などに足を運び、ドローンを飛ばし、撮影した映像を見せた。

ディティールを撮影できるのが、ドローンの強み

地元の人たちは、自分たちの地域の魅力に気づきにくい」と大前さんは語る外部の人たちが入ることによって、再発見することが多いという。たとえば、急に観光客が増えた原因を探ってみたら知らない間にどこかのWEBサイトで紹介されていた、ということが頻繁に起こっているという

しかし、そうやって紹介してもらうためには思わず話題にしたくなる“何か”が必要。そこで活用したいのがドローン。なぜなら、日常生活では絶対に見ることができない景色を見ることができるからだ。航空写真はいままでもあったが、決定的にちがうのは、ドローンは高さ150m以内を飛行して撮影するためディティールの撮影が可能だという点だ

ドローンで広島県竹原市を撮影。小型なので撮影対象に近づくことができ、全景だけでなくディティールや空気感まで伝えられる

前出の広島県竹原市、福岡県東峰村も、静岡県熱海市も、大前さんが関わる地域は、軒並みドローンを使った取り組みをスタートさせたばかり。いまならまだ、この“空飛ぶカメラマン”とタッグを組んだ地方創生の先駆けとなれるチャンスが広がっている

以下URLからは、ドローンで撮影した広島県竹原市の紹介映像を見ることが可能。今まで気が付かなかった竹原市の魅力にきっと出合えるはずだ

Yahoo!ロコ

【関連する記事】