国立競技場の2500億円の巨額とは?

1300億円から、いつの間にか2520億円に膨れ上がった国立競技場の総工費。国民の怒りの声を受けてようやく安倍総理は白紙撤回を表明したが、そもそも国の金銭感覚はどうなっているのだろうか?

● 根性論、根拠なき展望でスタート 誰も責任を取らなかった

2520億円なんてカネ、まさしく税金の無駄遣いである――。テレビのしたり顔のコメンテーターからTwitter、Facebookまで非難の声があふれかえっていた。7月17日になって、ようやく見直されることになったが、そもそも2520億円がなぜ問題なのか。使える資金はどうあるべきなのか、かまびすしい議論の結論部分は多分にあいまいさを含んでいた。今回の騒動で垣間見た世論の背景を読み解いていく。

世界にその名が知られた建築家・安藤忠雄氏は最優秀案にザハ・ハディド・アーキテクツのプラン(以下、ザハ案)が決まったと発表した席上で、「強いインパクトをもって世界に日本の先進性を発信し、優れた建築・環境技術をアピールできるデザインである」橋梁ともいうべき象徴的なアーチ状主架構の実現は、現代日本の建設技術の粋を尽くすべき挑戦となる」と発言している

意地悪く読み解けば、「いろいろ難しい問題を抱えているから失敗するかもしれないし、カネも掛かるだろうが、優秀な日本人ならきっとできる」とも聞こえる。いわゆる根性論、根拠なき展望が見え隠れするものだった

7月16日の記者会見の場でも安藤氏は「自分の仕事はデザインを選ぶまでだった」と述べているように、チャレンジをするのも、カネの負担を考えるのも同じ建築家ではなかったことが、騒動を大きくした。国家財政が危機だと喧伝される中での1000億円を超える追加負担。東京都にも500億円の負担を要請するなど、奉加帳の押し付け合いが繰り広げられた。

こんなイイカゲンな議論を目の当たりにしてわき起こったのが、「2520億円は無駄遣い」という声だ。しかし計画を見直すとして、当初の予算通りの1300億円ならいいのか? コンペで提示された他の案は代替策にならなかったのか。さらに言えば、仮に当初予算の半額である650億円で、味も素っ気もないコンクリートの塊みたいなスタジアムを建設すれば、都市計画の上で禍根を残すことにはならないのか。

議論は具体論に入れば入るほど、正解が見えてこないことに気がつく。2520億円を問題視するには、この金額に対するリアリティが圧倒的に足りないことが遠因になっているのではないか。

金額の議論のむなしさをいち早く察していたと思われるのが、作家の平野啓一郎氏である。彼は7月6日のツイートで、<新国立競技場の異様なところは、どんな反対があっても、これは絶対に作るべき価値のある建物なんだと情熱をもって語る人が、責任者に誰もいないこと。(以下略)>と述べた。

少し曲解を交えて解釈すれば、誰かが命がけで必要性と価値を訴えた結果、その考えに共感できたとしたら、2520億円という巨費も、それを受け継ぐ後世の日本人に納得してもらえるかもしれない――。確かに「そういう視点もあったのか」と気づかされる慧眼である。

世界の歴史を振り返ってみれば、ピラミッドから東大寺や平安京、独裁政権下のドイツやイタリアで試みられた都市建設、パリのシャンゼリゼ通りと凱旋門など、ケタ違いの投資が後々の世まで都市の財産になっていった事例には事欠かない

近代以降の日本でも、巨大投資の事例はある。関東大震災後の都市整備はその典型例だ

1923年に発生した関東大震災で首都東京は灰燼に帰した。時の内務大臣・後藤新平は「この復興はいたずらに一都市の形体回復の問題に非ずして、実に帝国の発展、国民生活改善の根基を形成するにあり」として、当時のカネで50億円(現在の価値に換算して約15兆円)を使い、被災した土地をすべて買い上げ、都市開発をするという大胆な構想から復興をスタートさせた

予算の策定から権利を主張する地主との対立まで、さまざまな紆余曲折があり、最終的には予算は5億7500万円での都市基盤整備となったが、そのおかげで現在の内堀通りや靖国通り、昭和通りなど、今に続く主要な街路、隅田川に掛かる橋、隅田公園などのオープンスペース、上下水道とガス等の基盤や土地区画などを整備。今の東京の骨格ができ上がった

復興の陣頭指揮を執った東京市長・永田秀次郎は次のように市民に呼びかけている。

我々はいかなる努力をしても、再びかような苦しい目には遭いたくはない。また我々の子孫をしていかにしても、我々と同じような苦しみを受けさせたくはない。これがためには我々は少なくともこの際において道路橋梁を拡築し、防火地帯を作り、街路区画を整理せなければならぬ

もし万一にも我々が今日目前の些細な面倒を厭って、町並や道路をこのままに打ち棄てて置くならば、我々十万の同胞はまったく犬死したこととなります我々は何としてもこの際、禍を転じて福となし、再びこの災厄を受けない工夫をせなければならぬ、これが今回生き残った我々市民の当然の責任であります後世子孫に対する我々の当然の義務であります。>(中公新書『復興計画 ? 幕末・明治の大火から阪神・淡路大震災まで 』より)

こうした言葉を絞り出し、体を張って進める勇気をもった政治家や建築家が、新国立の2520億円騒動にいただろうか。新国立競技場の価値の議論ができないのであれば、話はやっぱりカネの多寡に戻ってくる。ここで2520億円をどう捉えたらよかったのか、考えるための材料を探してみよう。

まずは質問。2520億円をあなたは運ぶことができるだろうか? 1997年に公開された渡哲也主演の映画「誘拐」は3億円の札束で、その重さを利用して、殺人を繰り返すというストーリーとなっている。3億円は何キロになるのか。1万円札1枚は1グラムなので、30キロである。30キロの紙幣の塊を前にしたら、恐らくは財布の中の1万円札の持つ迫力が、ずいぶんと薄らいだ気がするはずだ。

ちなみに、この3億円というのは、企業で働く大卒男性の生涯賃金3億1810万円(2012年 退職金と再雇用時の給料を含む)とほぼ同額。一生、馬車馬のように働いた報酬は1万円札で30キロちょいなのだ。2520億円は生涯賃金の792倍。その重量は2万5200キロ、つまり25トンと200キロとなる

現在、多くの人が持っている自動車免許には「中型車は中型車(8t)に限る」と注意書きされているが、この免許で運転できるトラックの最大積載量は5トン。5トン積みトラック5台に目一杯1万円札を裸で積み上げて、隣に相撲取りをひと回り大きくした200キロが残されている、そんな量だ。ちなみに日本では車両総重量(積載量と自動車の重量と乗員の体重を総計)が25トンまでしか認められていないので、2520億円を一度に運べるトラックは存在しない

少しずつ怒りが湧いてきた。

1930年の発見から、長らく謎とされてきた冥王星の姿を見るために、9年掛けて7月15日に最接近に成功した米NASAのニューホライズンズの場合、打ち上げ費用は、ロケット製造費、施設利用費、装置開発経費及びミッション全体の人件費を含み、約7億ドル(約861億円)とされている。2520億円あれば3回くらい冥王星を見に行くことができる計算だ。

人類史上はじめて地球の重力圏外にある天体に着陸して帰還したはやぶさは210億円。こっちならば、きっかり12回、小惑星探査ができることになるので、宇宙誕生の秘密を解き明かす大発見の可能性が高くなる。

また、2520億円あれば買える会社もたくさんある。東京証券取引所に上場している企業3487社のなかで時価総額2520億円以下は、驚くなかれ、3081社。9割近くは完全に買い取ることができるのである。そこには伊藤園やハウス食品グループ本社、サッポロホールディングス、テレビ朝日ホールディングスなど、名の知れた企業も数多くある。

ところが、公共工事や社会保障費などの公的支出と比べてみると、2520億円の価値は、逆に小さく見えてしまう

たとえば、2012年に開通した新東名高速道路の静岡県御殿場~三ヶ日JCTまでの162キロ区間、建設は総工費2兆6000億円と発表されている。1キロだと140億円、2520億円では18キロ、時速100キロで走って10分ちょいを作ることができる。あるいは10分ちょいしか作ることができない。インフラ系の投資は、見方が分かれる。

08年に開業した東京メトロ副都心線の池袋~渋谷間の建設費用が2404億円で、かなり近い数字である。15年に開業した北陸新幹線の長野~金沢間228キロは総事業費1兆7801億円で2520億円の約7倍。2520億円で作れるのは32.3キロ分ということになるが、これは、金沢を出て最初の駅となる新高岡までの39.7キロにも及ばない長さである。

それよりも何よりも、貧困問題だ、格差がどうの、騒がれたなかでの、最後の頼みの綱である生活保護。生活や医療など扶助の総額は1年で3兆6028億円に上る(2012年 社会保障統計年報)。12ヵ月で割ると3000億円とちょっと。すでに毎月毎月、キャッシュで新国立競技場が作られていることになる。なにより、この生活保護費の総額、10年前は2兆2252億円であり、10年で1兆円以上も増えているので、改めて背筋が寒くなる。

こうした巨額の国家予算を扱っていた感覚が抜けきらないから、森喜朗・元首相は「国がたった2520億円も出せなかったのかねっていう、そういう不満はある。何を基準に『高い』と言うんだね。皆、『高い高い』と言うけれど」(7月17日、テレビ朝日など記者団の囲み取材に対して)などと発言してしまうのではないだろうか。

新国立競技場問題は、投入される税金が多ければ多いほど、恐ろしく感覚が鈍感になってしまう現実を明らかにしたとはいえまいか。

参考 ダイアモンド オンライン 2015.07.16

【関連する記事】