国境を挟み一触即発→キルギスとウズベク

中央アジアの旧ソ連構成国キルギスとウズベキスタンの両軍が1週間以上、国境を挟んでにらみ合い、一触即発の危機を続けた

ダウンロード (10)

ウズベク軍は18日、軍用車両や兵員を係争地周辺に展開キルギス軍対抗し部隊を出動させていた。しかし、ウズベク軍は26日、突然撤退。キルギス政府報道官は「キルギス側も応じる」と表明し、いったんは収まった格好だ。

両国国境1400キロのうち、フェルガナ盆地を中心に300キロは係争中で隣国タジキスタンも加わって水争いなど小競り合いが絶えない

時事通信 2016.03.27

  images-3-48-150x150images

【関連する記事】