和牛価格の高騰→原因は生産仔牛の減少

和牛の生産は、主に繁殖農家と肥育農家にわけられる。繁殖農家は母牛とその母牛から生まれた子牛を飼育し、数か月育てたところでセリにかける。セリでは肥育農家が血統などを検討しながら入札して、その後、手塩にかけて肥育する。もちろん入札の際、かけ合わせのいい血統の子牛は高値がつきやすい。

いまから5年前、2009年6月には黒毛和種の子牛取引価格の平均が34万円台だった。しかし、現在の取引価格は約60万円前後と当時の約1.8倍で推移している。その大きな理由は供給頭数の減少だ。2009年度には39万頭近く取引されていた黒毛和牛の子牛の取引頭数は、13年度には約35万頭に減少した。

全国の繁殖農家の数も5年前の約8万戸から6万戸へと25%減った。その背景には2010年に宮崎を襲った口蹄疫や、2011年の東日本大震災などをきっかけとした繁殖農家の離農なども挙げられる。当時の戸数の減少率を見ると、2011年の宮崎県の減少率は11.9%、福島県の減少率に至っては23.4%と大きなダメージを負った。

参考 NEWS ポストセブン2014.05.18

【関連する記事】