台湾の平均初産年齢→30歳越え

内政部統計処は先月30日、2014年の新生児とその母親に関する統計を発表した。初産平均年齢は30.5歳で、10年前から3.1歳上昇、第1子を出産した女性のうち、30歳以上の割合は57.3%に達した。2004年の統計ではその割合は28.3%にとどまっており、初産年齢の高齢化が浮き彫りになった

統計によれば、昨年の出生数は21万1399人前年より1万6460人(8.4%)増加した。第1子を出産した女性の人数は10万9235人。年齢別では、30~34歳が4万4717人(40.94%)と最多で、次いで25~29歳(3万2381人、29.64%)35~39歳(1万5874人、14.53%)だった

母親の国籍は、中華民国93.79%、中国大陸・香港・マカオ3.70%、東南アジア2.36%など。

参考 中央社フォーカス台湾 2015.06.03

【関連する記事】