台・韓・北の離反→に外貨準備高激減(中国)

「離反」は台湾だけではない

 台湾総統選で民進党の蔡英文主席が当選した。

 中国と距離を置く蔡政権の誕生は中国にとって親中国路線を軌道修正しつつある韓国、核実験を強行した北朝鮮に続いて大きな打撃である中国周辺国の相次ぐ離反は、ソ連崩壊の引き金になったバルト三国のソ連離反を思い出させる

 民進党の勝利は、まさに「圧勝」という表現がぴったりだった

 蔡主席は投票数の56.1%を獲得し与党・国民党の朱立倫主席を大きく引き離した同時に行われた立法院(国会に相当)選挙でも、民進党は過半数を上回り、選挙協力をした新しい政党「時代力量」と合わせると、獲得議席は113議席中の73議席と過半数を大きく超えた

 蔡主席は選挙中、中国との関係について「独立でも(中国との)統一でもない現状維持」を訴えた穏健な主張に聞こえるが、台湾は事実上、中国の統治が及ばない独立国家として存在しているのだから「現状維持」は、すなわち中国からの「独立維持」路線を意味している

 中国は1992年の中台交渉で、台湾も「1つの中国」の考え方を認めている、と主張している。だが、蔡主席が率いる民進党は「92年合意」そのものの存在を認めていないこの点からも、これまで馬英九政権が進めてきた親中国路線からの決別は明白である

 加えて、見逃せないのは「時代力量」の躍進だこの政党は中国とのサービス貿易協定に反対して2014年、国会を占拠したヒマワリ学生運動の流れを受け継いでいるもちろん台湾と中国の一体化には反対だわずか5議席とはいえ、時代力量の存在は若い世代を中心にした嫌中論の高まりを象徴している

 さて、ここからが本題だ。

 日本のマスコミは以上のような今回の台湾総統選を、ほとんど中台関係だけに絞って報じ、論評した。だが、中国を取り巻く環境をみれば、中国から離反しつつあるのは台湾だけではないまったく事情は異なるが、つい先日、核実験をした北朝鮮や韓国、さらには香港も同じなのだ。周辺国が中国に距離を置く動きが時を同じくして相次いでいる

算だった韓国の離反

これを中国側から見ると、まさに「はっと気がついてみたら、回りは自分から離反していく敵だらけ」という状況なのだ

ここが最大のポイントである

 まず北朝鮮だ。

 最高指導者の金正恩は中国の意向に背いて核実験をした。1月8日公開コラム(http://gendai.ismedia.jp/articles/premium01/47299)で書いたように、北朝鮮は中国に事前通告せずに実験に踏み切った核実験をしないように何度も強く要求してきた習近平国家主席の面子は丸つぶれになった

 中国にとって北朝鮮はいざというとき、自分たちの身を守る緩衝材として役に立つから陰に陽に支援してきた。いわば「言うことを聞く鉄砲玉の子分」だからこそ飼っておいた

 だが、北朝鮮が自前の核兵器保有を目指すなら、話は別だ子分が「飛び道具を手にして勝手に独り歩きを始める」なら到底、看過できない暴走する北朝鮮にどうけじめをつけるか。それが中国にとって重要課題になっている

 隣の韓国も従来の親中国路線を修正している慰安婦問題をめぐる先の日韓合意もその一環だ合意内容が本当に履行されるかどうかは別にして、なぜ韓国が慰安婦問題の合意に向かわせたかといえば、いつまでも「中国一辺倒では危ない」とようやく気が付いたからだ

 背景には、中国のバブル崩壊もある。中国に傾き過ぎると、日米に見捨てられるうえ、対中輸出に依存してきた自国経済も危うくなる。

 歴史的に周辺大国に寄り添う形でしか生き延びられないのは韓国の悲しさであると同時に、いざとなれば方針転換するのは韓国のしたたかさでもあるいずれにせよ、韓国の離反も中国には誤算だった

 それから香港だ反中国の書物を販売していた香港の書店主ら5人が失踪した事件は、行方不明だった書店の大株主(作家)が突然、中国のテレビに登場し、過去に起こした事件に絡んで自ら中国当局に出頭した、と報じられた。だが、真相は不明だ。

バルト3国のソ連離反を思い出す

 それでも中国が香港の反中国運動に神経を尖らせているのは明白である学生たちによる2014年の雨傘革命は中国に大きなトラウマになっている反中国の言論流布を放置して「雨傘革命の第2弾が起きたら一大事」と先手を打っているのだろう

 中国はアジアインフラ投資銀行(AIIB)の業務を開始した。アジア各国に影響力を及ぼすのがAIIBのもくろみだ。だが中国の足元をみれば、つい最近まで自分になびいていた周辺国がそろって「お前の言うことは聞かない」と言い出している。いま目にしているのは、そういう局面である

 こういう展開をみると、私はバルト3国のソ連離反を思い出す。

 リトアニア、ラトビア、エストニアのバルト3国がソ連からの離反・独立を宣言したのは1990年であるリトアニアでは「血の日曜日事件」と呼ばれる市民殺害事件も起きた。ソ連の弾圧は功を奏せず結局、3国の独立運動が翌91年、ソ連崩壊の引き金になった

 台湾、北朝鮮、韓国、香港の動きはそれぞれ地理的条件も歴史的、政治的経緯もバルト3国とは、まったく違う。だが、中国や旧ソ連側から見れば「自分の影響力を強め、意のままに動かしたかった周辺国が相次ぎ離反した」という点では同じである

これが何を意味するか。いま中国は断末魔を迎えていたかつてのソ連と同じように、もっとも近い周辺国から自国の求心力を失っている威勢がいい発言を続ける見かけとは裏腹に、国としての魅力はもちろん、服従させる力を失っているのだ

これは中長期的に見て、中国の将来を占うトレンドとみて間違いない。端的に言えば、台湾や香港の若者、暴走する北朝鮮、韓国が再び中国に接近しようと、愁眉を送る時がやってくるだろうか中国がいまの体制である限り、私は「二度と来ない」とみる

深刻な「元離れ」

 もう1点、付け加えよう。いま中国の外貨準備高が急減している

 中国は2014年6月の3兆9900億ドルをピークに外貨準備が減り続け、直近の昨年12月には3兆3300億ドルまで6600億ドルも激減したとくに最近半年で5000億ドルという減少ぶりだこれが意味するのは、中国の裕福層や実業家たちがそろって人民元を見限って、ドルを買い漁っている事実である

中国人のドル買い人民元売りを放置すれば、人民元相場は暴落してしまうそれを防ぐために中国人民銀行がドル売り人民元買いで必死に防戦している。だから、外貨準備が急減してしまったこれも旧ソ連の崩壊当時と同じだ中国人自身が中国の将来を危ぶんでいる

中国は2015年の成長率を6.9%と発表した。だが、そんな高い数字を真に受けているエコノミストはほとんどいない周辺国の離反と外貨準備の急減、景気崩壊が重なっている習近平国家主席の頭痛は増すばかりに違いない

長谷川 幸洋

参考 現代ビジネス  2016.01.22

   EBTTjDcq4T2smF71445577871_14455789191 (1)

【関連する記事】