古代ローマの沈没船から貴重な遺物

イスラエル考古学庁(IAA)は16日地中海に面する古代の港湾遺跡カイサリア(Caesarea)の沖合で1600年前に沈没した商船から発見された、銅像や貨幣を含む古代ローマ時代の希少な遺物を公開した

古代ローマ時代の後期に沈んだとされる船は数週間前に偶然、2人のダイバーによって発見された。IAAによればこの船は、カイサリアの港へ入るところで嵐に遭い、巨大な船体が防波堤や岩にぶつかって「素晴らしい発見物の数々」が海中へ放り出されたという。

見つかった遺物には、太陽の神ソル(Sol)や月の女神ルナ(Luna)の小像、アフリカ人奴隷の頭部をモチーフにしたランプ、実物大のブロンズ像の破片、クジラやイノシシ、ハクチョウなどをかたどった工芸品などが含まれていた。IAAによれば、古代において金属製の像は再利用するために溶かされることが多いため、考古学的に貴重で、こうした発見はイスラエルでは過去30年間で初めてだという

カイサリア周辺の海域では昨年、古代の金貨2000枚も発見されている。【翻訳編集】 AFPBB News

AFP=時事2016.05.17

  images-3-48-150x150images

【関連する記事】