受動喫煙が原因死者数→15.000人

受動喫煙の影響で死亡する人が、年間1万5,000人と推計されることがわかった
厚生労働省の研究班の調査によると、非喫煙者で、家族や職場の同僚が喫煙している場合、受動喫煙が原因で死亡する人は、年間1万5,000人と推計されるという
前回、2010年の調査では、6800人と推定されていたが、今回の調査で、倍増したことになる
これまで、受動喫煙は、肺がんや心筋梗塞などに因果関係があるとされていたが、前回調査以降、脳卒中やSIDS(乳幼児突然死症候群)にも因果関係があるとされたため、大幅に増えたという
厚労省は、2020年東京オリンピック・パラリンピックに向け、受動喫煙対策を強化する方針

最終更新:5月30日(月)17時14分

Fuji News Network2016.05.30

 images-3-48-150x150images

【関連する記事】