原油相場→本格回復遠く

原油価格の持ち直しの足取りが鈍い世界の石油供給量を押し上げてきた米国のシェールオイル生産には陰りが出ているものの石油輸出国機構(OPEC)は増産基調を維持

一方で中国や新興国の景気減速を背景に需要は頭打ちで、本格的な相場回復には程遠い状況だ

参考 時事通信 2015.10.17

【関連する記事】