原油先物がアジア取引で一段安

原油先物は13日のアジア時間で一段安となっている。12月の中国の原油輸入量が過去最高と判明したが、支援材料となっていない。北海ブレント先物2月物<LCOc1>は一時46.39ドルまで下落し0500GMT(日本時間午後2時)時点で46.55ドル

米原油先物2月物<CLc1>は45.31ドル。ゴールドマン・サックスなどの価格予想引き下げに圧迫されたニューヨーク取引終値を0.76ドル下回る。一時45.18ドルを付ける場面もあった

「一連の弱気な(原油相場)予想が相場を圧迫している」(ANZ)という。

参考 ロイター 2015.01.13

【関連する記事】