卵巣がん新薬→患者1割の腫瘍消失

免疫を再活性化するタイプの新しいがん治療薬の投与により、卵巣がん患者の一部で腫瘍を消失させる効果を臨床試験(治験)で確認したと、京都大の浜西潤三助教(婦人科腫瘍学)らのグループが発表した

この治療薬は小野薬品工業が昨年9月に発売したニボルマブ(商品名オプジーボ)免疫反応のブレーキを解除してがん細胞を攻撃するよう体内で働き、腫瘍を縮小させる皮膚がんの一種である悪性黒色腫の治療薬として承認された。現在、肺がんで適応拡大の承認申請がされている

images (7)

グループは、卵巣がんの手術後にがんが再発し、抗がん剤も効きにくくなった患者20人に対する治験で、この薬を2週間ごとに計4回投与2人は腫瘍が完全に、1人は部分的に消えた。6人に腫瘍が大きくならないという抑制効果があった。一方、10人は効果が全く見られず、残りの1人は評価ができなかった

論文は9日、米医学誌電子版に掲載された。

杉山治夫・大阪大特任教授(腫瘍免疫学)の話「一部とは言え、抗がん剤治療が期待できない患者に効果があったのは大きな成果。免疫の強さには個人差があり、実用化するには薬が効きやすい人を絞り込む研究も必要だ

 ☆☆☆免疫を一挙にあげるには、電磁波の影響が全くないない熱サイフォン式家庭用岩盤ベッドが効果的です。

熱サイフォン式家庭用岩盤ベッドは、代謝を効率的に促進し、余分な水分や熱、老廃物を排泄します。

疲れからの回復は驚くほどです。

なおまた、寝具は70度に設定すればカビやダニの駆除もできますし、ふかふかとなります。

ぐっすりとやすめるのも特徴です。

ganban2-150x150熱サイフォン式家庭用岩盤ベッドは、体温を上げ、免疫力を一挙にたかめる働きがあります。

        ご注文は総環ストアーか096-364-5028へ

参考 読売新聞 2015.09.09

【関連する記事】