即席めん総消費量世界一は中国

世界ラーメン協会(WINA)が世界15カ国を対象に実施した各国国民のインスタントラーメン(即席めん)摂取量に関する調査によると、2013年、中国のインスタントラーメンの年間消費量は462億2000万個で、世界トップに立った

国民1人あたりの年間消費量で見ると、韓国が74.1個でトップ、2位はベトナム(60.3個)、3位はインドネシア(57.3個)だった。中央人民広播電台が伝えた。

調査対象となった国家が15カ国にとどまった背景には、インスタントラーメンを食べる習慣がある国が少ないという状況があると考えられる

インスタントラーメンを頻繁に食べる国として挙げられるのは、何と言っても中国と韓国。韓国では、国民が昼食にインスタントラーメンを食べることが多い。韓国でのインスタントラーメンの代表的な作りかたは、(1)鍋に湯をわかす(2)調味料を入れる(3)麺を入れる(4)強火で5分煮た後、2分蒸らす、という順序で、中国とほとんど違いはない。

あえて付け足すのであれば、最後のプロセス「(5)出来上がったラーメンにキムチをのせる」は、中国では見られない習慣だ

参考 Record China 2014.12.23

 

【関連する記事】