南海トラフト誘発ほぼない→宮崎大

 宮崎県を含む東海~九州沖の広い範囲で甚大な被害が予想される南海トラフ巨大地震熊本県で14日夜に起きた地震は、地震の規模を示すマグニチュード(M)6・5、16日未明はM7・3となり、最大震度7を観測した南海トラフ巨大地震を誘発する可能性について、宮崎大工学部の原田隆典教授(地震工学)は「今回の地震が引き金となって発生することはほぼない」と説明する。

宮崎日日新聞2016.04.18

   images-3-48-150x150images

【関連する記事】