南シナ海→仲裁裁判所に管轄権

中国による南シナ海の領有権主張は国際法上認められないとしてフィリピンが国連海洋法条約に基づいて起こした仲裁手続きでオランダ・ハーグの仲裁裁判所は29日、裁判所の管轄権を認める判断を下した

「仲裁裁判所に管轄権はない」とする中国の主張を退けた形で裁判所は今後、本格的な審理に入る
 フィリピンは2013年に、中国が主張する「九段線」は国連海洋法条約に違反し無効だとして提訴。これに対し中国は「南シナ海の主権に関わる問題で、裁判所に管轄権はない」と反論し、手続きに参加していなかった
裁判所は声明で、「フィリピンの提訴は条約の解釈もしくは適用に関する2国間の紛争を反映したものだ」と認定。さらに「中国の手続きへの不参加は、裁判所の管轄権を奪うものではなく、フィリピンが一方的に仲裁手続きの開始を決定したことも紛争解決手続きの乱用には当たらない」と判断した。

参考 時事通信 2015.10.30

【関連する記事】