十勝沖にメタンハイドレートか?

北見工業大学(北海道北見市)は10日、釧路市に近い十勝沖の太平洋で、次世代のエネルギー源として期待されるメタンハイドレートが海底表層に多数存在する可能性が高いことを示す現象や鉱物を見つけたと発表した

同大ホームページによると、調査は山下聡教授らの研究グループが11月下旬、実習船を使って実施。十勝沖約80キロ、水深500~2000メートルほどの海域で、音波探査の結果、海水に溶けきれないメタンが無数の気泡となって海底から上昇する「メタン湧出フレア」と呼ばれる現象を多数発見した海底からの高さが700メートルに及ぶ巨大なフレアもあったという

また湧出フレア付近の海底堆積物からは、メタンハイドレートと関連が深い鉱物「カーボネート」が採取されたとしている

同大は「調査した海底付近の水深と水温は、メタンハイドレートが生成する条件を満たしている」と強調。「周辺海域で調査を継続することにより、大規模なメタンハイドレート鉱床を発見できる可能性がある」としている。

参考 時事通信 2014.12.10

【関連する記事】