北海道の不明男児→見つかる

3日午前7時50分ごろ、渡島管内鹿部町本別、陸上自衛隊駒ケ岳演習場内で、5月28日に同管内七飯町東大沼の山林で行方不明となった浜分小2年田野岡大和君(7)=北斗市追分4=を発見したと、演習中の陸上自衛隊員から110番があった田野岡君に目立ったけがはなく、名前を名乗るなど話もできているという

道警によると、田野岡君は演習場内の小屋で雨やどりをしていたという。発見時、食べ物は持っておらず、服装は行方不明時と同じだった田野岡君は「土曜の夜に歩いて小屋にたどり着いた。水は飲んでいた」と説明しているという

 ダウンロード

演習場は、行方不明になった七飯町の山林から北東に約6キロの地点だという

田野岡君が行方不明になったと父親から函館中央署に通報があったのは28日午後5時50分ごろ。両親が「しつけ」として、車から降ろし、車で500メートル進んで5分後に戻った時には、田野岡君の姿はなかったという

捜索には道警と消防、陸上自衛隊など6日間に延べ900人以上が投入されたが発見できず、2日に合同捜索本部を解散し、態勢は縮小されていた

北海道新聞2016.06.03

  images-3-48-150x150images

【関連する記事】