北朝鮮の体制崩壊→可能性を議論

宮家邦彦・元中国公使と斎藤孝・明大教授は1日、BS日テレの「深層NEWS」に出演し、北朝鮮の体制崩壊の可能性について議論した

宮家氏は北朝鮮の金正恩(キムジョンウン)体制について「終わりの時が来るかもしれない。難民の流入などの状況を予測して準備すべきだ」と語った斎藤氏は中国が自国に被害が及ぶ北朝鮮の体制崩壊を恐れているため、「北朝鮮が足元を見ている」と述べた

読売新聞 2016.04.02
images-3-48-150x150images

【関連する記事】