北朝鮮「美女ビジネス」→活発化

北朝鮮で美女をビジネスに活用する動きが活発だその活用ぶりたるや、資本主義国家以上と言っても過言ではない

北朝鮮当局による代表的な美女ビジネスは、海外で展開する北朝鮮レストラン、通称「北レス」だ。カンボジアのシェムリアップにある「平壌冷麺」で働く「美人過ぎる北朝鮮ウェイトレス」は、韓国のネットユーザーを熱狂させた。

美人過ぎる北朝鮮ウェイトレスは、しばらくして北朝鮮に帰国したようだが、その後に赴任したウェイトレスも、その可憐さで人気を呼び、韓国のインターネットサイトには、ポートレートが多数アップされている。筆者も2014年に同店を訪れたが、確かに、この女性は韓国人の注目を集めていた

彼女たちのサービスぶりにも、年々変化が起きている。かつては、周りの目を気にしてか、外国人客からの「チップ」を受け取ろうとしなかったが、今では優しい微笑みとともに、自然に受け取るようになった

こうした動きは海外だけなく、国内にも波及しつつあるようだ。在日本朝鮮人総連合会(朝鮮総連)機関紙の朝鮮新報(電子版)は、平壌ホテルのカフェで働くバリスタを紹介している。

美女ビジネスのほとんどは、北朝鮮当局の企画によるものだが、ドンジュといわれる新興富裕層は、新手のビジネスを展開しつつある

そのビジネスとは「美女洗車サービス」だ。北朝鮮でも、増えつつあるマイカー族をターゲットにした洗車サービスは数年前から広がっていた。これに目を付けたドンジュが洗車ビジネスに参入しはじめたが、差別化を図るため、若い20代美女による丁寧な手洗い洗車サービスを開始。これが人気を呼んでいるという

女性を利用したビジネスゆえに道義的な批判もあるだろう。しかし、こうしたサービス業で活躍する女性たちが、意外と北朝鮮ビジネスの起爆剤になるかもしれない

参考 高 英起  2015.09.22

【関連する記事】