北朝鮮→7月から食糧配給25%カット

国連食糧農業機関(FAO)は10日、深刻な干ばつに見舞われている北朝鮮が7月から住民に対する食糧配給量を大幅に減らしたと明らかにした
FAOは米政府系メディアのボイス・オブ・アメリカ(VOA)の電話インタビューに対し「北朝鮮当局が7月から1人当たりの食糧配給量を1日410グラムから310グラムに減らした」と伝えた
また、配給量が減ったことについて、小麦と麦の収穫量が前年比26%、ジャガイモが同24%程度減ったためとみられると説明した
これに先立ち、FAOは先月17日に発表した報告書で今年、北朝鮮の二毛作の作物収穫量が当初の予想を大幅に下回ると見通した
FAOは、北朝鮮では例年6、7月の配給量は1人当たり390グラムで、8、9月は310グラムに減るとした上で、7月から310グラムに減らすのはそれだけ食糧事情が悪いことを示していると強調した
さらに、田植えシーズンだった4月中旬~6月末にかけての降水量がごくわずかで、今秋の収穫の見通しも良くないとした
FAOは干ばつの被害が特に深刻な黄海南道地域の住民に、かんがい用の設備や救荒植物の種、肥料などを支援する方向で検討している
一方、FAOは干ばつによる収穫量の減少などを踏まえ、北朝鮮を再び外部支援が必要な食糧不足国に指定した

参考 聯合ニュース 2015.07.10

【関連する記事】