北朝鮮→4年ぶり最悪の食糧難

北朝鮮の食糧生産量が最悪の干ばつにより2010年以降、初めて減少に転じたこれにより食糧不足量が4年ぶりに最大に達するものとみられ、北朝鮮住民の飢餓問題がさらに悪化するものと懸念される

国連食糧農業機関(FAO)が27日(現地時間)発表した資料によると、昨年北朝鮮の食糧(米、麦、小麦、コーン、じゃがいもなど)の生産量は540万トンで、前年590万トンに比べ9%減少した

 FAOはこれによりことし北朝鮮の食糧不足量が約69万4000トンに達すると推算したFAおは北朝鮮政権が約30万トンの食糧を輸入し充当しても39万4000トンが不足するだろうと見通した。これは2012年以降、最大の水準である

FAOは昨年、干ばつや肥料、燃料供給が不足していたことが食糧生産が減少したのに影響を及ぼしたと分析した。

WoW!Korea2016.04.28

  images-3-48-150x150images

【関連する記事】