北朝鮮→国際通話取締

国際人権団体アムネスティ・インターナショナル(Amnesty International)は9日、北朝鮮が個人による携帯電話を使った国際通話を厳重に取り締まっているとする報告書を発表した。北朝鮮当局は国民を世界から一段と隔離しようとしているとみられる

韓国、高官の携帯を北朝鮮がハッキングと主張 新たな制裁も発表

 報告書は北朝鮮の金正恩(キム・ジョンウン、Kim Jong-Un)第1書記の現体制について「絶対的で秩序だった支配を維持していくため、携帯電話を使って海外に逃げた家族と連絡を取ろうとした国民を厳しく処罰している」と指摘。こうした人々は政治犯の収容所に送られることもあるという

北朝鮮で人気の携帯電話サービスの加入者は300万人を超えるが、国際通話は厳しく制限されている。報告書によると、多くの人々が代わりに利用しているのが通称「中国の携帯電話」で、国境付近の中国の携帯電話網経由で国際通話が可能な、輸入品の携帯電話とSIMカードを用いているという

 こうした携帯電話やSIMカードは海外で暮らす家族からこっそり送られてくることが多く、その際、国境警備員に約500ドル(約5万6000円)の賄賂が渡され密輸されているという

アムネスティによると、北朝鮮では電話で国外の人と話すこと自体は違法ではないが、外国から持ち込まれた携帯端末の私的な取引は違法だという

アムネスティがインタビューした脱北者らは、北朝鮮当局は携帯電話の違法利用を追跡できる高度な監視設備を持っていると話している。【翻訳編集】 AFPBB News

AFP=時事2016.03.09
   images-3-48-150x150images-5-300x152

【関連する記事】