加齢臭→女性の9割「不快」

マンダムはこのほど、25~54歳の働く男女を対象に実施した「男性の基本3体臭”汗臭””ミドル脂臭””加齢臭”に関する調査」の結果を明らかにした。調査は2015年4月に実施し、183名から有効回答を得た。

男性の基本3体臭「汗臭」「ミドル脂臭」「加齢臭」のそれぞれの臭いの強度について調査したところ、3つの臭い全てにおいて、男性よりも女性のほうが臭いを強く感じる傾向にあることがわかった

臭い別に見ると、「加齢臭」は他の2臭よりも臭いの強度が弱くなっている。調査に使用した臭いサンプルは、同社がこれまでに実施した日本人男性1,050人への体臭調査において、最も臭い強度の強かった人のレベルに合わせていることから、加齢臭はあまり強い臭いと感じられていないことがわかった

加齢臭」を実際に嗅いで評価してもらうと、「不快ではない」と回答した人は男性で78.3%、女性で72.5%。容認度も男性は94.6%、女性は86.8%で、男女平均すると90.7%が「許せる臭い」という結果になった「全く許せない」と回答した人は男女ともに0%になっている

一方、「汗臭」については、男性82.6%、女性89.0%が「不快」と回答しており、男女ともに不快率が非常に高い結果となっている「不快度」「容認度」とも、女性のほうが厳しい評価で、特に25~34歳の若い女性は100%が、汗の臭いは「許せない(我慢できない)」と回答している

「ミドル脂臭」は男性の75.0%、女性の89.0%が「不快」と回答し、汗臭同様、男女ともに不快な臭いであることがわかる。年齢別に見ると、若いほど「極めて不快」と回答した割合が多く、特に若い層に不快度が高い臭いであることも明らかになった

容認度についても「全く許せない」と回答した割合は、男性17.4%、女性と17.6%と男女ともに3臭の中で最も高い割合となっており、最も「許せない」臭いであることがわかる

参考 マイナビニュース 2015.06.09

【関連する記事】