加齢による老化卵子の染色体異常解明

加齢で卵子が「老化」すると遺伝情報を持つ染色体が異常に増えやすくなる仕組みを、理化学研究所多細胞システム形成研究センター(神戸市中央区)などのグループがマウスとヒトの細胞実験で解明した卵子ができる際、多くの染色体で通常より早く分裂が起きていた染色体数の異常は流産やダウン症の原因とされ、予防や治療への応用が期待される。(金井恒幸)

成果は1日付の英オンライン科学誌ネイチャーコミュニケーションズに掲載された。

ヒトの卵子の染色体数は23本。加齢に伴って染色体数の異常が増え、40歳を超える妊婦では30%以上との推計もあった

グループは、出産できる上限とされる生後12カ月を超えた生後16カ月のマウスを使い、卵子のもとになる卵母細胞が分裂して卵子に染色体を分配する様子を、世界で初めて生きたまま顕微鏡で観察した

染色体分配の際は、動原体というくびれの部分を微小管が引っ張って分離させるが卵母細胞が老化していると通常よりも早く引っ張られ、異常な分配が増えたという不妊治療を受けていた患者の不要な卵母細胞も観察し、ヒトでも同様の染色体数の異常を確認した

加齢に伴い染色体を接着させているコヒーシンというタンパク質が減り、分離が早まることが一因と推測されるという。同センターの北島智也チームリーダーは「染色体の早期分離を抑える方法や、コヒーシンの量で流産などのリスクが診断できるかを、研究していきたい」としている

参考 神戸新聞 2015.07.02

【関連する記事】