加入するならドどれ?→自転車保険

クルマなどに追突されることで被害者になることもある一方、歩行者と接触してしまった場合などは加害者になる危険性も持つ自転車。ルールやマナーを守って走ることが最も重要だが、万が一トラブルを起こしてしまい、被害者もしくは加害者になったときの助けになる自転車保険がいま注目されている

主要自転車保険一覧

自転車で加害者になってしまった場合、被害の大きさによっては数千万円の賠償金を支払わなければならないことがある。スポーツバイクに限らず、買い物用自転車(ママチャリ)に乗る人も加入することを強くおすすめする

そのような高額賠償金を伴う重大な自転車事故の増加を受けて、2015年には兵庫県で自転車利用者に損害賠償責任保険の加入を義務づける全国初の条例が県議会で可決された(加入しない場合も罰則はなし)。また、滋賀県や大阪府でも加入義務化の動きが進み、今後さらに条例化が拡大することも考えられる。

自転車保険に加入する際は、(1)自身の傷害(死亡・後遺障害・入院・通院)と、(2)他人にケガを負わせてしまったときや他人の物を壊したときの2つの保障をカバーしているか確認することが重要だ。今回は賠償責任保険金と保険料の2点に注目して、いま加入できる自転車保険を比較してみよう

インターネットやコンビニエンスストアなどで気軽に加入できる保険商品が続々登場!

これまでは既存の保険に特約を付けて自転車事故に対応する場合が多かったが、自転車用を謳い、インターネットやスマートフォン、コンビニエンスストアで気軽に加入できる保険が増えてきている。

さらに各社の保険料を比べてみると年間約3000円程度・月数100円から加入でき、賠償責任保険金は最大3億円まで支払われるプランも用意されている保険商品もある。その他、サイクリング中に自走不能となった場合のロードサービスや、同居家族も補償範囲となるなど、それぞれ特長が異なるものが多く販売されているので、それぞれのサイクルライフに合った自転車保険を選んでほしい。

インターネットでの加入限定。安い保険料で高水準の補償が魅力の『ちゃりぽ』

安い保険料で高い水準の補償が受けられる

□年齢制限なしで子どもや高齢者も加入可能(スタンダードプラン)

ジャパン少額短期保険会社の『ちゃりぽ』は、インターネットからのみ加入可能な自転車保険。申し込み用紙を用意するなどの手間を省くことで年間2900円~と安い保険料を実現しながら、賠償責任保険金最大1億円のプランも用意されている。スタンダードプランは年齢制限がないので、子どもや70歳以上の高齢者が加入できる点も魅力。距離200kmのロングライドイベント“ブルベ”などのスポーツ大会走行時のトラブルにも対応する。

業界最高クラス・賠償責任保険金最大2億円!『ドコモ サイクル保険』

□安い保険料で高い水準の補償が受けられる

□携帯電話料金と一緒に保険料支払いが可能

携帯電話などを提供するNTT docomoの『ドコモ サイクル保険』は、月額保険料440円で賠償責任保険金最大2億円。賠償補償以外の補償も受けられ、携帯電話の料金と保険料を一緒に支払うことのできる手軽さも魅力。ドコモの携帯電話利用者のみ加入でき、ドコモ携帯電話を解約すると自転車保険も解約となる点に注意しよう。

24時間365日対応の自転車ロードサービスも特徴!『自転車向け保険Bycle』

□安い保険料で高い水準の補償が受けられる

□自転車ロードサービスが付いてくる

□自転車事故によるケガの場合は保険金が2倍

au損害保険株式会社の『自転車向け保険Bycle』は、月額370円(ブロンズ・本人タイプ)で賠償責任保険金最大1億円の補償が受けられるだけでなく、自転車事故によるケガの場合、保険金が2倍支払わる自転車保険。サイクリングなどの遠出時に自走不能となった場合、自転車を運搬してくれるロードサービス(24時間365日/自宅から距離50kmまで)が付いてくる点も魅力。au携帯電話利用者以外も加入できる。

コンビニで加入できる高水準補償の『セブン‐イレブンで入れる自転車向け保険』

□業界最高クラスの賠償責任保険金最大3億円

□全国のセブン‐イレブン各店舗で申込み可能

全国のセブン‐イレブン各店舗で加入できる三井住友海上火災保険株式会社の自転車保険、その名も『セブン‐イレブンで入れる自転車向け保険』。最大の魅力は、コンビニエンスストアで申し込める手軽さ。また、自転車走行時以外の日常生活中に発生した賠償事故の補償にも対応。さらに年間3990円で賠償責任保険金最大3億円が補償されるお一人様プラン(2016年4月1日以降始期契約から適用)の他に、夫婦や家族で加入できる別プランも用意されている

健康・医療や暮らしの相談も無料でできる『ネットde保険@さいくる』

□電話で「健康・医療」「介護」「暮らしの相談」「情報提供・サービス」の相談に乗ってもらえる(無料)

三井住友海上火災保険株式会社の「ネットde保険@さいくる」は、電話で「健康・医療」「介護」「暮らしの相談」「情報提供・サービス」の相談に無料で乗ってもらえるサポートサービスが魅力。また、自転車走行時以外の日常生活中の賠償事故も補償される

日常生活の賠償事故は家族全員補償範囲!『スーパー傷害保険Lite』

□日常生活中の賠償事故については家族全員が補償範囲となる

チューリッヒ保険会社の『スーパー傷害保険Lite』は、補償範囲を本人限定型、夫婦型、子どもも補償できる家族型の3つのタイプから選べる。どのタイプにも賠償責任特約が付いており、賠償責任保険金最大5000万円までを補償。本人限定型の場合も、家族全員が補償範囲となっている
文/星野知大

@DIME2016.04.05

  images-3-48-150x150images

【関連する記事】