出生率1・42→9年ぶり前年下回る

2014年の合計特殊出生率は1・42で、前年を0・01ポイント下回った前年を下回るのは過去最低だった05年(1・26)以来9年ぶりで、緩やかな回復傾向にブレーキがかかった。厚生労働省が5日に発表した人口動態統計でわかった。人口を維持できる水準とはかけ離れており、今後も人口減が続いていく見通しだ

年代別では30代と40代の出生率は上がったが、20代は下がった第1子を産んだ時の平均年齢は30・6歳で、前年より0・2歳上がった。昨年1年間に生まれた子の数は100万3532人で過去最少を更新。前年より2万6284人少なく、前年の減少数(7415人)より拡大した。

一方、死亡者数は127万3020人で戦後最多出生数から死亡者数を引いた自然減数の26万9488人も過去最多となった婚姻をしたのは64万3740組で戦後最少。初婚年齢の平均は夫31・1歳、妻29・4歳で、いずれも前年よりわずかに上がった

厚労省は出生率が低下した原因について、晩婚・晩産化に加え、人数が多い団塊ジュニアの世代が40代に入り、30代の出生数が減ったなどと分析している。

朝日新聞デジタル 2015.06.05

【関連する記事】