冥王星にハートマーク?→探査機の撮影画像

米航空宇宙局(NASA)は9日までに、探査機ニューホライズンズが7日に冥王星まで約800万キロの距離から撮影したカラー画像に、大きなハート形の明るい模様が写っていたと発表した。隣にはクジラのような形の暗い模様もあるという

同探査機は日本時間14日午後8時49分に、冥王星に約1万2500キロまで接近した後、通過する予定。これまで分からなかった冥王星の姿が、接近するにつれ詳しく明らかになっている

参考 時事ドットコム 2015.07.13

【関連する記事】