再生可能エネ発電設備→世界で8%増加

世界140カ国以上が加盟するIRENA(国際再生可能エネルギー機関、International Renewable Energy Agency)が2015年の全世界の導入状況をまとめた1年間に運転を開始した再生可能エネルギーの発電設備は1億5200万kW(キロワット)にのぼり、累計で19億8500万kWに達した。原子力発電所1基を100万kWで計算すると、2000基分に相当する発電設備が再生可能エネルギーで稼働できる状況だ

【その他の画像】

累積の設備容量では水力(大規模を含む)が全体の61%で依然として多い。次いで風力が22%、太陽光が11%だが2015年に運転を開始した発電設備のシェアでは7割以上を風力と太陽光が占めている。

風力の新規設備容量は全世界で6290万kWに達した。このうち陸上風力は5950万kWで、洋上風力は340万kWである陸上風力では中国が3000万kWの増加で世界の過半数を占める一方洋上風力ではドイツが230万kWも増やした。それぞれ地域の特性を生かして再生可能エネルギーを拡大している。

太陽光の新規設備容量も風力に続いて4730万kWにのぼった地域別に見るとアジアが2830万kWで全体の6割を占める。そのうち中国が1500万kWで最も多いが、日本も1000万kWで迫る。中国と日本の2カ国で全世界の半分を超える状況だ

風力と太陽光が大幅に伸びた最大の理由は発電コストの低下にある。IRENAが各国のデータを集計した結果、陸上風力の発電コストは2010~2015年の6年間に15%下がった。化石燃料を使う火力発電のコストよりも低い水準になっている。洋上風力のコストも火力発電に近づきつつある

さらに発電コストの大幅な低下が見られるのは太陽光だ6年間で半分以下に下がり、最も安いケースでは火力発電と同等の水準になっている。このほかにバイオマスと地熱の発電コストも火力発電並みだが、大規模な設備を導入しやすい風力と太陽光に世界各国の投資が集まっている

日本が2014年にインドを抜いてアジア2位に

地域別の状況を見ると、再生可能エネルギーの発電設備の4割がアジアに集中している。累積の設備容量は7億9670万kWに達した。ヨーロッパ(ロシアやトルコなどのユーラシア地域を除く)の1.6倍、北米の2.4倍の規模がある。

アジアの国別では中国が圧倒的に多くて5億2000万kWにのぼる。アジア全体の65%を占めている。第2位は日本で9000万kW、第3位にはインドが8200万kWで続く。2013年まではインドの設備容量のほうが多かったが、直近の2年間で日本が追い越した。固定価格買取制度の導入メリットが顕著に表れている

2015年に運転を開始した設備容量の規模もアジアが最大で、前年から12.4%も伸びた。それを上回る14.5%の伸び率を記録したのが中米/カリブ海だ。再生可能エネルギーの設備容量は全世界の1%しかないものの、今後の成長が期待できる。そのほかの地域の伸び率はヨーロッパが5.2%、北米が6.3%、南米が5.3%といった水準である

日本にとっては国内だけではなくて海外の再生可能エネルギーの市場拡大も大きな魅力だ。IRENAがまとめた国別の特許数の統計データを見ると、日本が世界でナンバーワンである2010~2015年の6年間に再生可能エネルギーの分野で取得した特許数は13万件にのぼり、第2位の中国と第3位の米国を引き離している

その中でも太陽光発電に関連する特許が6万件近くて最も多く、次いで太陽熱、水力、バイオ/廃棄物燃料、風力の順である風力の特許も1万件を超えて、中国と米国に続く。こうした特許を生かして新しい発電設備や関連製品を数多く開発できれば、日本が世界の再生可能エネルギーの市場で主導的な役割を担っていくことも十分に可能だ

スマートジャパン2016.04.12

  images-3-48-150x150images

【関連する記事】