円安に悲鳴の韓国→主力輸出品に赤信号

韓国・ソウル経済は内需景気低迷で韓国経済が4四半期連続で0%台の成長にとどまっている中、円安の猛威で輸出競争力まで揺らいでいることを背景に、韓国経済に暗雲が立ちこめていると報じた

23日、ウォン・円レートが800ウォン(約89円)台となり、2008年2月以降、7年ぶりに最安値を記録。延世大学のキム・ジョンシク経済学科教授は「通貨危機直前の世界的な金融危機当時と同レベル」とし、「これは韓国経済にとって、警告のシグナルと見ることができる」と憂慮を示した。

記事は、「円安の加速は輸出品の半分以上が日本と競合する韓国にとって歓迎されざる状況であり、自動車、機械、電気電子などの主力輸出戦線に赤信号が点灯した輸出企業の業績さえも不振になった場合、韓国経済を引っ張っていく内需・輸出という2つの成長エンジンがすべて止まってしまう懸念が大きい」と指摘している。

この報道に、韓国のネットユーザーから多くの意見が寄せられている。

今よりもっと円安だった頃もあった。扇動記事はやめてくれ

「数年前、1500ウォン(約166円)台の時もあったけど、その時、何でトヨタはつぶれなかった?

景気が悪くなったときは、私たち庶民も同じように被害を受ける経済が良くなれば、金持ちと大企業だけが潤う。いくら景気が良くなっても、私たち庶民には関係ない

ウォン安の時に技術開発を怠って、土地投機に無駄な時間を費やしてしまったチャンスの時に研究開発に拍車をかけ、先進国の技術に追いつく努力をしなかった結果だ

「為替レートの影響を受けるのは当然のことだ。今のところ韓国企業は、非正規職と納品業者の単価を下げて、価格競争力だけでなんとか食べているが、もうその余裕もなくなってきたように思う

「日本に旅行しようっと

アベノミクスは日本の復活と同時に韓国の没落を念頭に置いて推進された政策だ。通貨価値の下落を誘導して、自国の産業は育て、他国にはデフレを輸出する」

「これも外交力の問題が関係していると思う。米国との関係が疎遠になったことも原因のひとつだと思う

日本の皆さん、壊れやすく腐敗した韓国をどうぞお召し上がりください

参考 Record China  2015.04.25

【関連する記事】