円安→中古車の輸出増加

日本自動車販売協会連合会は、2015年上半期(1-6月)の抹消登録台数を発表した。

輸出抹消登録台数は前年同期比5.5%増の73万8430台と前年を上回った為替水準が円安となっていることから順調に推移した

永久抹消登録台数は同21.9%減の12万8546台と2年ぶりにマイナスとなった。廃車にしていた低価格車などを、円安効果で輸出する動きなどもあり、大幅に落ち込んだ

一時抹消登録台数は同2.4%減の222万3998台と4年ぶりに前年を下回った新車市場が低調で、下取り車減による中古車流通量も減少しているため

参考 《レスポンス 編集部》 2015.07.14

【関連する記事】