内臓脂肪の多い職業

健康第一のビジネスマンにとって、「内臓脂肪」は気になるもののひとつこの内臓脂肪の多さと職業の関係をみていくと、意外なことがわかってきた

全国約1400の健康保険組合からなる健康保険組合連合会が、2013年度の特定健康診査の結果を分析したところ、内臓脂肪症候群の多い職業は建設業年金事務などの公務運輸業だった

運動量が多そうな建設業が1位というのは意外に思えるが、東京大学政策ビジョン研究センター特任助教で医学博士の古井祐司さんによると、体力を使う分、それに耐えうるカロリーと塩分を摂取してしまいがちだという

特に警察官や建設作業員は、昼食は弁当や外食になりがち。さらに、職場に受け継がれている「理想像」も影響している、と古井さんは指摘する。

「体が小さいと小突かれて、バカにされてしまう雰囲気がある。新人は体の大きな先輩たちにあこがれて、最初は頑張って揚げ物やカロリーの高いメニュー、大盛りを食べ、見よう見まねで〓油やソースもたっぷりかける。それが習慣となり、肥満につながるのです

建設現場ができると近くのコンビニや弁当店は大盛りや高カロリーの弁当を多くそろえるようになるのも、それがよく売れるからだ

一方、2位にランクインした公務員のようにデスクワークが多い仕事にも、独特のリスクがある

運動量が落ちることに加え、狭いオフィス内で気分転換するために、お菓子や甘い飲料に手が伸びやすいのだ

同じく運動量が少なくなりがちな運輸業について、荷物の陸上運送を担う中小企業が加入するある健保の担当者は、こう説明した。

走った距離で稼ぐ仕事なので、休憩もそこそこに昼食をかき込んで仕事に戻る人が多い運転中は眠気覚ましに甘い缶コーヒーを飲み、夏場には清涼飲料水トラックの中には空き缶やペットボトルがゴロゴロしているという話もよく聞きます

だが、健保から効果的な指導をするのは難しい、と担当者は嘆く。運転手は車内で一人になる時間が長く、監視の目が届きにくい。さらに、同じ会社で働くドライバーでも荷主によって勤務時間が多様で、日中の定時勤務もあれば、夜勤や交代勤務もある。画一的な生活指導が難しいのだ運転免許があれば仕事ができるため、定年後の再就職や中高年になってからの転職先として人気が高いということも業界の肥満率を押し上げる一つの要因になっているようだ

参考 AERA  2015年7月20日号より抜粋

【関連する記事】