全長92㍍→世界最大の航空機

全長92メートル、世界最大の航空機がまもなく試験飛行を迎えます

この特徴的な形をした巨大な航空機、その名も「エアランダー10」は、全長92メートル、容積は3万8000立方メートルと、ジャンボ機の140倍以上で「世界最大の航空機」とされています最大10トンの貨物を乗せて連続5日間、時速148キロで飛行することができます

エアランダー10はもともと、アメリカ軍が無人偵察機として2009年に注文したものでしたが、予算削減で計画が白紙となり、その後はイギリスの会社によって開発が続けられていました

「これは飛行船ではありません、飛行機と飛行船とヘリコプターが組み合わされたものなんです」(開発した会社の広報担当)

滑走路が必要なく、陸地や水上に着陸でき、内部に空気より軽いヘリウムガスを充填して浮力を得ているため、従来の航空機より経済的だということです
ダウンロード (1)
 エアランダー10は数週間以内に試験飛行に臨む見通しで、輸送目的のほか、災害支援や遊覧飛行でも活用が期待されています

TBS News i2016.03.08

images-3-48-150x150images-5-300x152

【関連する記事】