働く女性の60%→自分自身に自信がない

株式会社サダマツが20~30代の働く女性500人に対して調査したところ、「現在の自分に自信がある」と答えた人は4割にとどまり、6割は「自分に自信が持てない」と回答した。

 女性たちが「最も自信がない」のは、外見(顔・体型など)で、73%が「自信がない」と答えた。次いで中身(人間性など)、仕事(キャリア・スキル)がともに63%、恋愛・結婚(パートナー選び、充実度など)でも61%が「自信がない」となっている。どの項目においても「自信がある」と回答した女性は4割未満で、働く女性たちは自分の容姿だけでなく、性格や仕事・恋愛の充実度にも自信がない人が多いようだ

 背景には、日本人女性特有の「謙遜感情」があるのかもしれない。また働く女性は日々、職場で色々な壁にぶつかり、他者からの評価にさらされ、自尊感情をすり減らしている可能性もある。

参考 Economic News 2013.12.23

【関連する記事】