健康の為に植物のパワーを活用しよう!

私たちが食事からとれる栄養素はたくさんありますが、そのうち、たんぱく質・糖質・脂質といったカラダを作るものを3大栄養素、ビタミン・ミネラルといったカラダの調子を整えるものを5大栄養素、これに食物繊維をプラスしたものを6大栄養素と呼んでいました。
ところが最近、第7の栄養素として注目を浴びているのがファイトケミカル(フィトケミカル)です。ここでは、ファイトケミカルについて簡単に解説します。

◆ファイトケミカルってなに?
ファイトケミカルとは、英語でphytochemicalと言い、植物にふくまれる化学物質のことです。日本語では、ファイトケミカル、フィトケミカルと言います。

これらの物質が栄養素としてだけではなく、抗酸化作用のほか、免疫コントロール作用・解毒酵素誘導作用があることが、最近の研究で分かって来ました

つまり、

・身体を若々しく保ち(抗酸化作用)
・病気に負けない身体をつくり(免疫コントロール作用)
・身体の中の悪い物質を外へ出す(解毒酵素誘導作用)

という、とてもありがたい物質たちなのです。

◆ファイトケミカルの種類はどれくらい?
現在分かっているものはおよそ1500種類。遺伝子的な研究が進めば、およそ1万くらいはあるだろう、といわれています
例えば、カシスやブドウなど赤や紫の果物などに多くふくまれるポリフェノール、トマトの赤い色の元であるリコピン、大豆に含まれるフラボノイド、日本人が大好きな緑茶に含まれるカテキンなどなどこれらには全て、高い抗酸化作用があります
アマゾンのスーパーフルーツと言われるアサイーにも抗酸化の働きのあるアントシアニンがたくさん含まれています。
また、ニンジンやカボチャなど緑黄色野菜に含まれるカロテンには目や皮膚の健康を保つ働き、海藻類に含まれるフコイダンやキノコ類に含まれるβ-グルカンには免疫力をアップする効果があります
さらに、甘草にふくまれるグリチルリチンには強い解毒作用があるため、とても古くから漢方として使われてきました

まさに先人の知恵ですね。

◆効果的な摂り方って?
様々な良い作用を持つファイトケミカルは、私たち動物の身体では作り出すことができません。
これは植物の持つ偉大なパワーに秘密があります。植物は自分で移動してより良い環境へ引っ越すことができません。私たち人間の想像をはるかに超える、過酷で流動的な環境変化に耐えながら、発芽・成長を遂げる必要があります
そのためにさまざまな自己防衛機能を持っており、その機能性成分がファイトケミカルと呼ばれるものたちなのです

効果的な摂り方は、たくさんの種類の野菜や果物を、バランスよく毎日続けて食べることです。野菜や果物には何かしらのファイトケミカルが含まれていますが、種類によって含まれる物質も違います。

最近話題の、アサイーボールには、強い抗酸化作用のあるアサイーだけではなく、その他のフルーツと一緒に摂ることができるため、オススメです。

また一度にたくさん食べても、高い効果が持続するわけではありません。野菜なら350g、果物なら200gくらいを目標に、毎日いろいろな種類のものを摂ることをオススメします

これらファイトケミカルを上手に摂り続けると、花粉症などのアレルギーが治まってきたり、将来的には生活習慣病やがんに負けない身体が作れるともいわれています。ただしそのためには10年以上といった長いスパンが必要です。継続は力なり、ですね

参考 Mocosuku編集部 2015.01.20

【関連する記事】