健やかに生きるための住環境とは?

いま、政府による大都市から地方への高齢者の移住促進策が話題となっていますね高齢化社会を突き進む現代の日本において、人ひとりの人生は長く、住居を変えるタイミングは結婚、出産など若いときだけでなく、仕事をリタイアしたり、子どもが成長して家を出たりするなど、シニア世代にもいろいろなターニングポイントがあります
しかしこうしたシニア世代の住み替えには、若い世代のそれとは明らかに異なる住環境の条件があり、それは実際にその立場になってみないとわからないことも多いようです。ここでは、実際に住み替えをされたシニア世代の方にお話をうかがい、ポイントにされた条件を探ってみました。足腰の衰えや、体力の低下等に対応し、健やかに快適に暮らしていく為には、どのような住環境が必要なのでしょうか。若い世代でも、住まい探しにおいて参考になる条件かもしれませんよ。

もっとも大切だったのは「土地に高低差がない」こと
千葉県のとある新興住宅地に引っ越した60代の男性Aさんは、かつて神奈川県のとある高級住宅地で暮らしていました。会社勤め時代に、終の住処として考えていた家でしたが、子どもたちの独立と仕事のリタイアを機に家を手放し、その売却資金で引っ越したのだそうです。

前の家は高台にあったから海が目の前に見えて緑も多く、自然環境としては申し分なかったんですが、家を一歩出ると階段で。とにかく移動が大変になってきました。若い頃は良かったんですが、最近は夫婦そろって足腰が弱くなり、外出するのがおっくうになってきていたんです。そこで思い切って高低差のない今の場所に移り住んだんですよ」

高台にある住居は、周辺の街並を見下ろせることや、水害のリスクが少ないことなど、そのメリットはさまざま考えられますが、一方で家までは坂道をのぼらなければならず、アクセスの面では決して恵まれているとはいえないことが多いようです。

なかでも海辺の住宅地は、道幅が狭く自動車が乗り入れられない環境であることも多く、移動手段はもっぱら徒歩や自転車、というケースも見られます。

足腰が弱まり体力も低下し、かつ階段などで『転倒するリスク』が高まる高齢者にとっては、住居はもとより、生活圏内に高低差が多いことは、とくに大きなデメリットであるようです。

負担なく徒歩で生活が完結する環境が理想
Aさんは、今の家を選んだ理由に、もうひとつポイントがあったと話します。

スーパーや飲食店などが家から徒歩圏内にあるのもよかったですね。しかも平坦な道です。おかげで夫婦共々家から出る機会が多くなりましたよ」

高齢になってもアクティブなのは近年のシニア世代の特徴ですが、事故のリスクなどを考え、外出の際に自動車や自転車を自粛する高齢者も目立ちます。そうなると、目的地に徒歩移動できるのは理想の環境。利便性を求める若い世代でもそれは共通するポイントと言えますが、通勤を考えなくていいと、また少し違うようです

夫婦で旅行などに出かけることもあるので、駅が近いに越したことはないですが、もう毎日駅から通勤する必要はないので、都心まで遠くてもバスなどが通っていればいいと思って。むしろ日々の生活に必要な場所に負担なく行けることの方が、私たちにとっては重要でしたね。実際に暮らしてみて、よかったと実感してます」

若いときには気づきにくいこれらのポイント。今から将来を見据えて、長く住める場所に家を購入したい人にとって、また二世帯暮らしを考えている家族にとっては、親世代が快適に暮らすために頭に入れておいてもいいポイントと言えそうですね

参考 Mocosuku編集部 2015.06.17

【関連する記事】